全件表示TopRSSAdmin
information
    刀剣乱舞、三条派のレイヤーさんで、個人撮影及び2~3名で撮影を希望される方を募集しております。
    撮影場所は京都市内限定。ブログ及びTwitterで写真を公開しても良い方に限りまが、ご連絡お待ちしております。
    宜しくお願い致します。


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
恋しかるべき
2015 / 04 / 12 ( Sun )


和の心と
風情があって良いモノだと思う今日この頃。

娘の国語の教科書を、就寝前のひと時に朗読しているせいもあるのかな。
古典文学、読み辛くて噛みまくるのが玉に瑕ですが。

急にブログを更新しようと思ったのは、とある方のツイッターを拝読してたところ、とても美しいの風情を撮られた写真をリツイートされてたので見入ってしまったら、ふと目に付いたそのツイートに対するリプに違和感を感じたからです。

リプされた方は決して悪意があっての事ではないと思うし、そうであって欲しいと思うし、極めて一般的な感想だと思います。
つまりこう書かれていたのです。
【実際に目にすると綺麗なんでしょうね~】

これって、実際にその場に行って、自分の目で見た方が綺麗だろうな~というご意見なんですよね。
と言う事は、写真では十分に美しさを表現できてないと、ダメ出しされてるのと同じことですよね。

写真を撮る者にとって、こういう風に言われてしまうと哀れ以外の何物でもない訳です。
実際の美しさ以上に、自分が見た景色を美しく表現したいと思うのが、写真を撮る者の志である筈だからです。
同じ場所、同じ刻にシャッターを切ったとしても、同じ写真が撮れないのは、そこにシャッターを押した人の感性が色濃く出るからなのです。
そこが写真表現の面白さだと思うのです。
自分はこの場で、この景色をこんな風に感じたのだ!
それを共有して欲しい!
という叫びが、1枚の写真の中に込められいるのだと思います。

シャッターを切れば、何かが必ず写っているのですが、納得する1枚がなかなか撮れないのも、こういう事が背景に潜んでいるのかなと思います。


*★*――――――――――――――――――――――*★*


それはさて置き、昨日、娘とソロモンの偽証 後編を見て参りました。
☆以降、ネタバレ注意☆

前篇を観終わった後、原書を読んでみたいと思い、書評を検索していたら、松子ちゃんが亡くなった意味が解らないと書かれていた方がいらっしゃったので、前篇で亡くなられていたのですが、後編はその辺りを意識して観てみました。

朝一の鑑賞という事もあり、劇場内はガラガラで老年の男女が多かったのが印象的でした。
と言うのが、後編を観終わって、全体の内容を熟慮した時、納得しました。
テーマが重くて、若い人には理解が難しいのではないかと感じたからです。

娘の感想は、「前篇以上にグダグダで解らない」でした。

作者の思いを私がどれだけ理解できてるか、先ほど書いた写真に対しての作り手の思いと、受け手の思いとのギャップに通じるモノがあるので、大きな顔をして言えないのですが・・・(汗)

大人になって忘れてしまった、思春期特有の心の葛藤が全篇を通して描かれていて、真実を追求する人がこの作品の中で亡くなるのです。
松子ちゃんが何故死ななければならなかったのか?
に対する答えを、ここで私は見出しました。
生きる事を選択するためには、真実から目を逸らす事も必要なのだと言う事を、タイトルに込められたのかなぁと思いました。



追伸

娘はこの春、中学2年生に進級しました。
2年生になったら学校へ行くと言ったので、その言葉を信用して見守る事にしました。
初日、2日目と順調だったのですが、3日目は行けません。
今回の理由は、同じクラスの男子生徒に、アニオタだと他の生徒に言いふらされた事に腹が立った事です。
担任の先生に相談したら、「ああいう子だから仕方ない」と割り切るように言われた事に失望したようです。
ああいう子だから仕方ないという割り切りが出来ないから、本人は苦しんでいるのです。
この辺りも、ソロモンの偽証に出て来た担任の先生と被ります。
自分には簡単に出来る事が、他人も同じように出来るとは限らないと気が付かない。
特に思春期の場合、大人のように簡単に割り切る事なんて出来ない。
だから常に心の中は、春の嵐が吹き荒れてるのです。

他人がどう思うのか、どう感じるのかを、こちらが強要する事は出来ない。
その事をどう伝えれば理解してもらえるのだろう?

色々葛藤しながら、娘のように傷付きやすい子たちが通う学校へ転校する事を勧めている最中です。


_____________________________________________________________

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記 - カテゴリー:花Photo

11 : 08 : 13 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<復活祭 | ホーム | 時の間に間に>>
コメント
----

割り切れって言われてもねぇ(汗)
中学生くらいでは、まだムリでしょう。

小さい頃から、人の嫌がることはやめましょう、と言い聞かされてきてるのに(学校でも家庭でも)
先生にそんなこと言われたら納得いきませんよね。
言ったもん勝ちなわけ?って怒りますよ。(´Д`;)
by: マーナ * MgIxvhDQ * URL * 2015/04/15 * 00:34 [ 編集] | top↑
--マーナさん♪--

こんばんは!
レス頂いてたのに、お返事が間延びしてしまってすみません。m(__)m

その後、体育の授業を見学すると言いに行ったのに、先生に丸め込まれたのが直接的な切っ掛けになり、登校拒否が長引いております。(*´Д`)=3ハァ・・・

もうね・・・
本人のやりたいようにやらせてみるしかないなぁと、私の気持ちを切り替える方向に向かっています。
が・・・
そうするとそうしたで、児相のケースワーカーが時間が無いと焦らせたり、私のカウンセラーが諦めちゃダメとプレッシャーをかけて来られるし、社っ長も毎日学校へ行ったのか訊いて来られるし、どうにもこうにも気持ちのやり場がなくて、ストレスが溜まるばかりです。

by: ななみ * - * URL * 2015/04/20 * 20:50 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gekkatei.blog18.fc2.com/tb.php/727-30badf1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Related Posts Plugin for WordPress, 
Blorrer...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。