全件表示TopRSSAdmin
information
    刀剣乱舞、三条派のレイヤーさんで、個人撮影及び2~3名で撮影を希望される方を募集しております。
    撮影場所は京都市内限定。ブログ及びTwitterで写真を公開しても良い方に限りまが、ご連絡お待ちしております。
    宜しくお願い致します。


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
リヴァイ一つ下さい
2014 / 02 / 23 ( Sun )
今回のお出かけについて、全然日記的な事を書いてないなぁ・・・
と言う事で、この辺でちょっと一息。



資料館での調査を一通り終え、喉を潤すために飲み物を注文しました。^^
ドリンク3種類にそれぞれ、エレン・リヴァイ・ミカサと命名されてたので、注文する時恥ずかしいとお友達から聞いていた娘。
その話を電車の中で聞いて「えっ?」と聞き返したら、予想通りの反応に満足した様子。
そんな経緯があったので、私がリヴァイにすると言うと、「恥ずかしい?」と聞くので、「そうやなぁ」と相槌を打つと、張り切って注文してくれました。(*^^)v

特性コースターを、汚さないように持ち帰る為に使わず仕舞いでした。(汗)
ドリンクと一緒に記念撮影もしてみましたが、ここでは色乗りのチェックをする事を試みた一枚を。


最短撮影距離50cmの距離感に、慣れてません。(゚∀゚ ). あひゃ

SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8の特長

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真 - カテゴリー:毎日がPhoto曜日

21 : 31 : 03 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
調査兵団調査中
2014 / 02 / 23 ( Sun )
コスプレOKと言うイベントやったらしく、あちらこちらにコスプレーヤーさんが居はりました。^^



手作りされてるのか、販売店が違うと色味が変わるのか、マントの色が微妙に違ってました。
背中の紋章の大きさも違いますね。
この辺りが正規の団服と違う所なので仕方がない所ですし、チラッと検索をかけたら、お子さんのために団服を手作りされてるお母さんの記事もHITしました。
世のお母さん方は、実に子煩悩で素晴らしい!と感動しました。σ( ̄▽ ̄;)

写真については、このレンズで初のモノクロ化です。^^
色の乗りが素晴らしいレンズなので、カラー写真を意識して被写体を探してたのですが・・・
この場合、色がごちゃごちゃし過ぎるので、モノクロ化してみました。

モノクロは諧調表現で見るというセオリーを意識して、編集してみました。

例によってツイッターbotからの引用ですが、
白黒写真では、白をどう扱うかが、大切だ。光で描くことを意識すると、写真が変わる。つまり黒(影)で描こうとするのではなく、白(つまり光)で描くということだ。ちょっと意識するだけで、白黒写真がぐっと力を持つ。白を視て、白をしっかり描くことで、黒がいきいきとするのである―安達ロベルト―
詳細はコチラ→白で描く

というアドバイスを意識しながら、今回伝えたかった団服を目立たさせるように、調整してみました。

黒で描こうとするのは、アニメ世代の特徴的表現であるような気がします。

バリバリのアニメ世代という訳ではありませんが、安達ロベルトさんの言葉を知るまでは、無意識の内にそうしてた気がします。σ( ̄▽ ̄;)
そこで、逆の発想をしてみたら、成程なぁ!と納得した訳です。

今回は主役の二人を目立させるためにそうした訳ですが、モノクロの諧調を豊かに出すためには、もう少し露出を抑えた方がその場の雰囲気が出せたような気がします。(汗)
実際、どちらを投稿しようか、かなり迷いましたが、ブログでの掲載という事を考えると、情報を明確にした方が伝わりやすいかな?という点で、こちらを選びました。^^

写真と絵画の違いは、選ぶことにあると、多くの写真家さんが言うてはる事ですし、実際、用途によって写真を選ぶことが大切な作業になってるのは、常々実感しています。

今回の写真は、前回の団服との対をなすマント姿である事も、意識して投稿しました。
惜しむらくは、色情報を排除したので、マントの色が解らないという点ですが、前回投稿した団服と相性の良い深緑色です。^^


前回の投稿写真についての補足ですが、根が京都人なのか、写真を撮ろうと思う際、人をあっと驚かせたいという意識が常にあると思います。σ( ̄▽ ̄;)
普通じゃイヤ!という意識ですね。
それは江戸時代の有名画家、長沢芦雪の「白象黒牛図屏風」の流れを汲む、人間意識に通じるモノがあるのかなぁ?と自己判断しています。(^^ゞ

ですが・・・
最近は、もう少しゆっくりゆったり鑑賞できる、部屋に飾りたくなるような写真が撮れるようになりたいなぁ・・・
等と思っていたりします。

ヒントは、被写体ありきな写真ではない写真を撮る事かなぁ?


_____________________________________________________________

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真 - カテゴリー:毎日がPhoto曜日

12 : 03 : 09 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
調査兵団衣裳展示
2014 / 02 / 23 ( Sun )
引き続き、調査兵団資料館での一枚。



衣裳展示で御座います。^^
ほんまはマントを羽織った衣装も展示されてたのですが、普通に撮ったら普通の説明写真になってしまうので、何とか面白味のあるように撮れへんかなぁ?と移動しながら見ていたら、他の人が撮ってはる影が見えたので、これはチャンス♪と撮ってみました。

う~~~ん、こういう事をする為に、このレンズを買った訳ではないのですが・・・💦

兎に角慣れるまでは、色んなモノを撮ってみるしかない訳です。(^^ゞ



*★*――――――――――――――――――――――*★*


老若男女、今や写真を撮らない人を探す方が難しい時代になってるのは明白な訳で、そうすると今度は上手く撮りたくなるのが人情。
世の中には写真の撮り方の指南本が、数えきれないくらい出版され、プロによるワークショップも盛んに行われてる訳です。

以前ここで紹介した平野屋さんの女将さんも、ミラーレスを買って、写真教室に通いたいと言うてはったし。
私も一時期、写真教室へ通おうかな?と思てました。

が、如何せん、私には通う時間もないし、お金もない。(´・ω・`)
そこで、ネットを徘徊して色んな情報を収集する訳ですが、先日もふと目に留まったこんな言葉。

写真がうまくならないのは教え方が悪い

ムクムクと興味が湧いたので、拝読しに行きました。

詳細は見に行って頂ければ解りますが、随分前、丁度私が写真教室に通おうかな?と思てた時期に、写真好きさんから教えて貰った事と同じことが書いてあって吃驚しました。

その写真好きさん、梅佳代さんの作品が好きな方で、スナップにはお任せオート撮影、所謂カメラ任せで十分という事を力説してくれはったんですよね。

話はそれますが、梅佳代さんの写真について、このような評価をしてはる方が居はります。
 私の、梅佳代のとりあえずの理解は、「懐かしい80年代のやり方で、みんなの代わりに記念写真を撮ってくれるサービス・パーソン」という位置づけです。
詳細はコチラ→解りやすいレビューを目指して
何だかとても納得できる説得力に脱帽しました。σ( ̄▽ ̄;)

いや、別に梅佳代さんが嫌いな訳でもないですし、梅佳代さんのファンである写真好きさんの事が、嫌いな訳でもありません。 (。+・`ω・´)キリッ

ただ、何故梅佳代さんの写真が人気なのか、その理由が解らなかった私には、理由が端的に述べられててスッキリしただけです。

さて、話を戻しますと、スナップにはオート撮影、カメラもコンデジで十分と説いてはるブログ主の方も、プロカメラマンで写真集も出版されていて、ワークショップも開催してはるらしいです。

そこでどのような事を学ぶのか?と興味を惹かれましたけど、凡その見当が付いてしまいました。σ( ̄▽ ̄;)

カメラの設定を教えず、写真が上手になれる方法を教えると言う事は、構図を学ぶんやと思います。 (。+・`ω・´)キリッ

そのページにはブログ主の撮られたと思しき写真が数点載せられてますが、それを拝見したら大体の事が想像できました。
って、それが解ったから何や?と言う話ではありますが💦

写真と絵心とは、切っても切れない間柄であるんですよね。

そして私を悩ませているのは、写真的であるかどうか?と言う事。
写真的って一体何???
人間の眼では捉えられない、早い動きを捉えた瞬間の映像の事なのか、長秒で捉えた時間の経過を捉えた映像の事なのか?
はたまた、絵になる瞬間を捉える事なのか???



_____________________________________________________________

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真 - カテゴリー:未分類

00 : 32 : 57 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
立体機動装置
2014 / 02 / 22 ( Sat )
進撃の巨人 調査兵団資料館で展示されてた、立体機動装置を撮ってみました。



四方をガラスで囲まれてるため、あちらこちらから撮ってる人が映り込みます。
そこを上手く写し込みながら、面白い絵になるように粘ってみましたが、ハッと気が付いた時には遅く、後ろの通行人の位置が、最初にハッとした時より歩幅1歩分ズレてしまいました。orz
その結果、最初にハッとした時よりも、立体機動装置に対して詰まり過ぎの印象になってしまったのが、残念無念です。。+゚(゚´Д`゚)゚+。

が、まぁ、立体機動装置はこんな物ですという事と、2014年に発売されるという情報は伝わるかと思います。

一体お幾らで発売されるのか?非常に興味が湧くところです。σ( ̄▽ ̄;)
予定とされてるから、発売されない可能性もあると言う事でしょうか?(汗)
コスプレイヤーさんたちが、この装置を装着して闊歩されるところを、見てみたい願望を強くしました。 ワク(((o(*゚∀゚*)o)))ワク


そんな事を思い巡らしながら粘ってたら、「まだ撮ってるの?」と、離れていた娘が背後から呆れた声で問いかけて来ました。ლ(●¬¬●)ლ
ここで何時も通り、「もうちょっと待って」と、私の事情を要求すると機嫌が悪くなるのは明白なので、早々に断念して娘の行動に付き添う事にしました。┐(´-`)┌
ここで母は思うのです。
母に自由な時間は与えられないのか!?と。悶々


*★*――――――――――――――――――――――*★*

みんなが「ピクチャー・テイカー(写真を撮る人)」になっただけ。
フォトグラフィーは、写真を撮るだけの作業じゃない。撮った写真で何を伝えるかという問題があるから。写真を撮るという作業は、フォトグラフィーの半分にしかならない-佐久間裕美子-


またまたツイッターbotからの引用です。(^^ゞ
佐久間裕美子さんがどのような方なのかは存じ上げませんが、かなりギクッとしたお言葉ですので、引用させて頂きました。m(__)m
そしてここに載せるには、キチンと出所を確かめなければならないと思い検索したところ、佐久間裕美子さんはライターで、シェリル・ダンさんとのインタービュー中に、シェリル・ダンさんが述べはった言葉という事が解りました。
詳細はコチラ→シェリル・ダン インタビュー


写真を真面目に理解しようとすればするほど、答えがモヤモヤとした霧の中に隠れて行くようで、もどかしい日々を送っています。σ( ̄▽ ̄;)
このモヤモヤの正体をハッキリさせたいが為に、興味が持続するのかも知れませんけど。(汗)

少なくとも私が目指す方向と言うのは、徹底したリアリズムではない事だけは、ここ暫くの葛藤で解って来ました。

徹底したリアリズムを追求していたのが、過去の絵画の世界であったように思うのですが、カメラと言う光学機器が登場したと同時に、絵画で表現するリアリズムは不必要になり、絵画は空想的な表現に昇華していったように思います。

写真の世界は、光学機器の発達と共に、もはやこれ以上はないくらいのリアリティを表現できるようになり、この先は3D技術によってよりリアリティを追求するのでしょうか???

いや、これは単なる思い付きなのですけどね💦

二次元の世界で、より立体的な表現をするのが、良い写真のような講評を何処かで見かけた事があるので、ちょっと引っかかってただけです。σ( ̄▽ ̄;)

写真がアートとして存在して行くためには、絵画が辿ったような、空想的表現に傾倒して行くのでしょうか?
疑問は深まるばかりです。

とここまで書いた時点で、改めて引用文を検索した訳ですが、シェリル・ダンさんがその答えとも言うべき持論を展開してはりました。
というオチです💦


_____________________________________________________________

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真 - カテゴリー:毎日がPhoto曜日

12 : 43 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
世界に一つだけの華
2014 / 02 / 22 ( Sat )
12歳の素顔・・・



昨日投稿した写真の前で、を撮りました。

写真としては、失敗。(>_<)
理由その一
目にピントが合ってない。。。
生き物を撮る時は、目にピントが合ってなければならないというセオリーがあるから。


写心としては、成功してると思う。(思いたい💦)
娘にとって、写ってて欲しい自分が写ってるという点と、私がこの雰囲気を気に入ってるから。^^


ちょっと前に気になる事があってググってたら、良い写真悪い写真という言葉が検索に引っかかったので、そのサイトを開いてみたら、良い写真の定義について書かれていました。
すっごく興味深い内容が書かれていたので、引用させて頂きますと・・・

たとえ写真を一度も撮ったことがなくとも、写真を見たことのない人間は、文明世界にはほとんどいないでしょう。それほどメジャーな文化である写真には、一般人や、専門家や、権力が作り上げてきた様々なルールがあります。「いい写真」という観念も、写真がメジャーな文化的実践であるからこそ力を持っています。
詳細はコチラ→「いい写真」を定義するのは

つまり、良い写真という曖昧な定義に縛られてるのが、写真という文明という解釈をされてる訳です。

そして、この方は、写真には気持ちが写らないと思てはる方で、「気持ちが伝わる写真」についても論じてはりました。
若干、この方の考えは極論過ぎてるというか、ちょっと観点がズレてるような気がしたのですが、それに関しては、閲覧者さんのコメントがとても的を得ていたので、スッキリしました。σ( ̄▽ ̄;)
以下引用
閲覧者写真に写る「気持ち」とは、あくまで『鑑賞者に宿るものである』
と言う事に尽きるからだと思うのです。

ブログ主「写真に気持ちが写る」という言い方は、おそらく比喩なんです。
鑑賞者は、写真から読み取った情報から「気持ち」や「記憶」や「意味」を再構築しているだけです。

詳細はコチラ→写真は気持ちを写すか

そしてこの議題に関しての結論をこのように出してはります。
以下引用
 光学技術の応用である写真や映画には、「ひかり」しか写りません。「気持ち」が光線に化けることがない以上、写真や映画には撮影者の「気持ち」はけっして写りこまないのです。
中略
特定のオブジェを写した写真は、文化を同じくする人間の「共通の記憶」を呼び起こす働きを持っているからです。
中略
「わたしの写真には、撮ったときのわたしの気持ちが写り込んでいるはずだ」というひとりよがりを捨て、「このオブジェ、構図、色彩、トーンは観る人々のどんな記憶にうったえ、どんな感情を呼び起こすか?」という探究心を持ちましょう。
詳細はコチラ→写真は「気持ち」を写さない


_____________________________________________________________

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真 - カテゴリー:毎日がPhoto曜日

00 : 24 : 58 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
超大型巨人
2014 / 02 / 20 ( Thu )
2月15日、大阪ATCホールで開催されてた「進撃の巨人 調査兵団資料館」へ行ってきました。^^

DSC00123(1)sn.jpg

娘がお友達に開催されてる事を教えて貰ったらしく、どうしても行きたいと・・・💦
入学準備に色々入り用もあるのに…( ̄o ̄*)ボソッ
と思いつつも、最近の娘の荒れ方を見てると、連れて行かない訳にも行かへんし・・・と。

長い間、買わない理由&買いたい理由を書き連ねて来ましたが、結局誘惑に勝てずポチッとしてしまったので(汗)、それに対する後ろめたい気持ちもありましたし。ლ(●¬¬●)ლ

試し撮りもしてみたかったし…( ̄o ̄*)ボソッ

今回は何時もとは違い、どんなシチュエーションが合うのか、特性を出しやすいのか、ちゃんと見極めてから試写しようと思てたんですけど、それも結局叶わず仕舞いで、場当たり的に撮ってしまったのでした。(反省)

キャラたちの等身大のパネル?が並んでいて、そこでお好きなキャラと記念撮影が出来るようになってたんですけど、そこで2組の若い女の子たちにシャッターを押して頂けませんか?と言われました。σ( ̄▽ ̄;)

シャッターを押すだけで良いと言われても、納得して頂けてるのかしら?と、とても気になります。。。
押せば兎に角写ってはいるんですけど、やっぱりねぇ・・・
ピントとか露出とか気になるんですよね。σ( ̄▽ ̄;)


それはさて置き、この写真の事ですが、今回の展示で一番気になったので記念に撮ってみました。^^


ツァイスのロゴとレンズ名を入れてはるブログを拝見したので、私も真似てみました。(^^ゞ

私がカメラマガジンを知る切っ掛けになった、プロカメラマン硯谷昭広さんのブログday's photo
こちらで大人のスナップを勉強させて頂いてます。m(__)m
しかも最近のスナップは、α7で撮られてるのでとっても参考になってます。ヽ(^。^)ノ

このカメラ雑誌、フォトコンとか読者寄せ的ミーハーな要素はないんですけど、大人の素敵なフォトライフを紹介されてて、とってもスマートなんですよ。(憧)
大人向けという感じだけあって、紹介されてるのはライカが多いので、今まで興味のなかった私もライカってカッコイイ♪と思い始めてるんですよね。危ない危ない!!(笑)
3月にライカ京都がオープンするって事もこの雑誌で知りまして、一度は訪れたいとまたまた余計な興味が湧き始めております。σ( ̄▽ ̄;)


*★*――――――――――――――――――――――*★*


最近入り浸ってるブログに安達ロベルトさんのブログがあると書きましたが、そちらで私も以前気になったので書いた事のある、海外の写真投稿サイトの事が書かれてたので、例によって気になる一文を引用します。

欧米人と日本人とでは、なぜか好む写真が違う。よって欧米の写真家と日本人写真家が撮る写真の傾向も違う。中略
すなわち、欧米の写真家が、写真を通して自らが「世界に意味を与える」という能動的なアプローチを多く取るのに対し、日本人の写真家は、「世界から意味を読み取る」ことを大切にする受動的傾向が強いのではないかと思ったのである。
詳細はコチラ→世界に意味を与えるのか、世界から意味を読み取るのか

あぁ!成程っ!!と、目から鱗が落ちる思いでした。(。・・。)ポッ

以前、あちらの撰者が私の選ばない写真を選ばはる傾向が強いと愚痴った事がありますが、私に見る目が無いのではない事が解り、スッと胸が空く思いがしたのです。
以前にも書いたような気がするのですが、あちらでは選出から漏れてる写真ですが、私が選んだ写真が海外サイトでは評価されてるのを何枚も見ているからです。

これは何を意味するのか?
と言う事を生意気にも判断すると、日本の写真界って安達ロベルトさんが指摘してはるように、受動的であり、型にはまった基準でしか判断しはらへんからやと思います。

この話は、また別の機会に掘り下げたいと思います。



_____________________________________________________________

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真 - カテゴリー:毎日がPhoto曜日

21 : 19 : 59 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2月のヒマワリ
2014 / 02 / 18 ( Tue )
前回、シャッタースピードを早くしておけば良かった!(>_<)
と滅茶苦茶悔しい思いをした写真を投稿します。(激汗)



シャッタースピードを早くしておけば!と思うのは、霙のような水分の多いであったため、一部が雨のように線になって落ちて来てるのが確認できるからです。orz

いや、ちゃんとシャッタースピードを早くしようと試みたんですけど、兎に角時間的にゆとりがなかったのも手伝って、モタモタ設定を弄ってる場合ではなかったのですよ。(*´Д`)=3ハァ・・・

編集する時、もっと明るく調整しようか?とも思たんですが、の日のどよ~んと重い空が妙に明るいのは、ちょっとイメージが違うかなぁと。(^^ゞ
それに、明るくするとが目立たなくなるという欠点も浮上して来て・・・💦

まぁ、そんなこんだで明るさは弄らずにいようと決めた訳です。σ( ̄▽ ̄;)

そんな事より、この真冬に咲いてるヒマワリを記録しておきたいと、強く思ったのがこの写真を撮る動機でした。^^

仕事の行き帰りにこのヒマワリを見て、何時まで咲いてるんやろ?と気になってまして、の日に降ってたら撮ってみたいと思てたので、念願は叶った訳ですが・・・

やはり、結果が思わしくなかったのが悔やまれます。_| ̄|○ il||li


*★*――――――――――――――――――――――*★*

それはさて置き、ここ数日、安達ロベルトさんのブログに入り浸ってまして、安達さんの言葉に深く感銘を受けている次第です。 (@`▽´@)/ ハイッ

詩人のような言い回しに、私の頭では理解できかねるところもあるのですが、以前から私が疑問に感じてる事に触れられてるので、氏の考え方、物事の捉え方は非常に参考になってます。


ツイッターbotから流れて来てた言葉・・・

売ろう売ろうとしている広告写真に我々がさほど魅力を感じないのと同じ理由で、感情を伝えよう伝えようとしている写真からは、「想いを伝えよう伝えようとしている作者」のほうが際立って見えてしまって、見る側は逆説的に冷めてしまいやすいのではないか―安達ロベルト―

この部分だけ読んでも???な部分もあるし、この部分だけで、成程なぁ!と納得してしまう部分もありますので、氏の哲学的な深い思慮を読み取って頂きたく、リンクを張らせて頂こうと思います。
詳細はコチラ→見る側の感情を喚起する写真


「気持ちが伝わる写真を撮ろう」というキャッチコピーをSONYさんが展開されてるようですが・・・
それに対する答えが、氏の言葉のようにも受け取れます。(;^ω^)

その言葉と同じような事を言うてはる写真家さんが他にも居はって、こちらもツイッターbotから流れてきてます。(汗)

何が言いたいかと言いますと、アマチュアカメラマンが目指す方向としては、人から褒められる&評価される写真を撮りなさいよ~♪と言う事なんやと思います。σ( ̄▽ ̄;)

企業としては、物が売れて何ぼですし・・・
誰が撮っても美しく撮れる商品でないと、売れないですし・・・

最近のSONYさん、マニアックな写真好きさん以外でも知ってはる写真家さんを、宣伝に起用しはるようになってますよね。
ただ単に、私が知らなかっただけなのかも知れませんが💦

ちょっと前にも書きましたが、プロが撮ればどんなカメラで撮っても、美しくカッコ良く撮れるんですよ。
それを見て、自分も同じように撮れると、勘違いする人が多いのかも知れませんが。
今時、誰々が使ってるから買おうって思う奴って居る?っていう問いかけを、何処かで見たような。(・∀・i)タラー・・・

それはちょっと置いといて、前述の氏の言葉の他にも、ブログには氏の考えが掲載されてるんですけど・・・

一番見てほしいのは、写真のなかの真実でもフォトグラフのなかの創造性でもなく、こんなすてきなものを写し、こんなすごいスキルで描いている私自身なのである。

詳細はコチラ→写真かフォトグラフか自己表現か


この言葉に、ドキッとした訳です。σ( ̄▽ ̄;)
フォトコンに情熱を燃やしてる人(私も含め)や、まさにこの凍える冬空の下咲いているヒマワリを撮ろうとした私自身を見透かされたようで、ギョッとしました。(滝汗)

つまり、他人に見て欲しくて撮ってる写真な訳です。
だからこそ、ネットに投稿して、イイね!の数が増えると嬉しい訳です。
もっと言えば、そうして貰える事で、他者から認められたような気になり、安心するんですね。
何に?
自分の存在意義に。

まだまだ紹介したい文はあるのですが、それはまた次回にするとして、安達ロベルトさんのように建設的なご意見ではない、これからの写真の行く末を書かれてるブログも発見したので、そちらも全文を拝読し次第、自分と照らし合わせてみたいと思っています。




_____________________________________________________________

21 : 23 : 53 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雪の日
2014 / 02 / 16 ( Sun )
我が家から見える景色。^^



今年はを撮りたい!と思てたんですけど、タイミングが合わずに苦労してます。σ( ̄▽ ̄;)

平日に降るともうお手上げ!です。(>_<)

諦めきれない私は、仕事の行き帰りにご近所を撮ってみましたが、う~~~ん!と頭を抱え込んでしまいました。

もっとシャッタースピードを早くすれば良かった!と後悔してます。。+゚(゚´Д`゚)゚+。


*★*――――――――――――――――――――――*★*

前回書いた、レンズの事ですが、私の勝手な思い込みが強いかな?と後から気になった部分の訂正ですが、明るいレンズを外で使う際、ハレーションやゴーストと言うのは、明るいから出る訳ではなく、レンズに不要な光が入り込むことによって出現するので、暗いレンズでも出るんですよね。

プロによる作例は誤魔化されてしまうという件については、多くの場合、レタッチしてあるからなのですよ。


NEX-5N×E 3.5/30 MACRO


_____________________________________________________________

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真 - カテゴリー:日常Photo

21 : 27 : 20 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
White Valentine's Day
2014 / 02 / 14 ( Fri )
今日は雪のバレンタインデーになりました♪



待ち構えてても市街地にはなかなか降らへんのですけど、今日は盛大に降ってました。
が、生憎の平日で、撮りに行きたい場所へは行けなかった無念さが残りました。┐(´-`)┌

で、写真なのですが、全くバレンタインとは関係ない小物撮り。(爆)
もう少し、絞った方が良かったかなぁな一枚。

今年は全くアイディアが浮かばず、ただ赤を撮りたいという気持ちが強くありました。σ( ̄▽ ̄;)

いや、アイディアは浮かんだんですが、いざ実行してみると、思い通りに撮れへんかったんです。orz

因みに、小物は娘のイヤホンジャック。
完全防水タイプのスマホには必要なかったんですけどね。。。(・∀・i)タラー・・・

NEX-5N×E 3.5/30 MACRO


_____________________________________________________________

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真 - カテゴリー:毎日がPhoto曜日

22 : 33 : 28 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
郷愁
2014 / 02 / 09 ( Sun )
今日は怒涛の更新ラッシュ!(爆)



この写真はの洋服に合わせてチョイスした撮影場所です。^^

昨年の春にこの場所を訪れた時、何時かは何かしらのイメージで撮りたいと思てた、東山蹴上のねじりまんぽ。

通行者が多い場所なので撮影中、あからさまな好奇の眼で見られたり、ベールで顔が見えへんので不気味やったと言われたり、可愛い外国人女性に「撮ってもイイですか?」と声をかけられたり、色んな想い出が出来ました。(´゚艸゚)∴ブッ


*★*――――――――――――――――――――――*★*

さて、前回の続き、レンズの特性についてですが、この写真は16mmパンケーキレンズの広角を活かした撮影を意識して撮りました。

そうなんです、こういう事を意識しながら撮るという事を始めたばかりの私に、55mmという標準域の写真が撮れるのか?と言うのも踏ん切りが付かない理由の一つです。( ;∀;)

前回書きましたように、標準域で面白味のない写真の量産になるのではないか?と危惧してる訳です。
只でさえ、最近、私の写真ってつまらなくなって来たなぁ・・・と凹んでいるのに。。+゚(゚´Д`゚)゚+。

ただ、今回レンズの事を勉強させて頂いたサイトの先生曰く、レンズを使う為にカメラがあるらしいです。
少々高くても、良いレンズを選ぶこと。
これって大事な事らしいです。(^^ゞ


で、そんな私に追い打ちをかけるように、取り寄せて貰った雑誌カメラマガジンの中で、安達ロベルトさんが、「道具は妥協しないほうがいい」と言うてはります。

どういうことかと言いますと、引用しますが「いつかは・・・」そう言って、初心者向けを入手しがちだが、カメラをはじめ道具は最初から妥協しないこと。良い道具を持つと気分が上がる。自分に言い訳もできない。

どうでしょうか?私はこのご意見にドキッとしました。(;^_^A
特に最後の一行。
自分に言い訳もできない。(;゜0゜) ぎくっ!!


そうそう、この雑誌の中で紹介されてたカメラストラップ♪
これが又シンプルでカッコイイんですよ。(。・・。)ポッ
如何にも写真の上手な大人っていうイメージで、物欲上昇中です。
入手について詳しい情報はコチラ→コラボストラップ


で、ですねぇ・・・
またまたレンズの話に戻りますけど、55mmでどんな写真が撮れるのか?を色々検索してイメージを膨らませてる訳です。
普通に撮ったら、普通の面白味のない画角。
レンズの美しい暈けと発色の良さを活かす構図。

鮮やかな発色については、ヨドバシに試し撮り用として置いてあった日本人形の赤い着物を見ても解りましたが、ものすご~く綺麗に発色してるんですよ、赤が。
それは他のサイトで最初に見た時、ググッと来たんですけどね。^^

元々SONYさんの赤の発色はとても綺麗と言う事は、薔薇を育成してた時に知り得てた情報なのですが、一層綺麗に見えるのは、やはりレンズもさる事乍ら、フルサイズの画質のせいでしょうか?


話があっち飛びこっち飛びですが、NEX-5Nで標準ズームを使い倒してみて思た事は、以前も書きましたが、スナップで特にWEBに投稿するくらいなら、APS-Cでも十分OK!なのではないか?と言う事ですが、単焦点を使い始めると、クリア感が違うなぁと思い始めました。σ( ̄▽ ̄;)

以前、蒲郡の海を撮りにご一緒して頂いた方が、「単焦点で撮ってるから○○さんの写真は綺麗なんだよ」って言うてはったので、それを確かめるべく、今までほったらかしになってたパンケーキレンズで撮り始めたんですよね。σ( ̄▽ ̄;)

勿論、レンズの明るさにも拠って来ますから、一概に単焦点やからクリアとも言い切れませんし、レンズって奥が深いですね💦


キットレンズのF値って暗めが多い、つまり安価で済む?からなのかなぁと思うんですけど、そこを嫌ってキットレンズは使えないという声(思い込み)をよく目にしますが、暗いレンズの方が使い易いんじゃないか?とも思うんです。
あくまでも個人的な感想ですが・・・

つまり、初めて一眼を手にしたら、屋外で撮る事が多いのではないかしら?と。
子供の学校行事を撮る為とか、花を撮りに出かけるとか・・・
そう言う時に、明るいレンズやとカメラとレンズ以外に、色々と小道具を持って行かないと、思い通りに撮れないと思うんですよ。

明るいレンズと言うのは、高価になりますし、今から始めようかと思てる人には敷居が高い。
しかもそれ以上に、必要な小道具も増える、使う場所を選ぶ、つまり明るさを考えないと白飛びしてしまったり、ハレーションやゴーストが出まくる等々。

ハレーションやゴーストも意図的に入れるなら良いと思うんですけど、意図しない所に出てしまっては、元も子もない失敗写真になってしまいますからねぇ。(>_<)

色んな意味で初心者には、なるべく失敗の少ないレンズを最初から付けておくに越したことはないという、メーカー側の配慮によるものであると思いました。σ( ̄▽ ̄;)

でも、昨今の色んな機能がついた機種については、ユーザーは当たり前になりすぎて、付いてない機能についてとやかく言いすぎな面も、無きにしも非ずではないかなぁ?とも思います。
まぁ、そう言う我儘なユーザーの声を聞き乍ら、技術が日進月歩していくのでしょうけど。^^


とまぁ、このような事を踏まえて、私がツァイスレンズを使えるのか?と自問自答してる訳です💦


昨日でしたっけ?で書いたように、スナップって実はとっても難しいですし。(;´・ω・)

とあるα7のレビュアーさんが、「劇的な光の下とか、気象条件では、どんなカメラやレンズで撮っても良い作品になるんだよ」と。
本当にそのカメラ、レンズの実力を知ろうとするなら、何でもない日常を撮った写真で良い写真が撮れるかどうかだというような事を書いてはって、成程なぁ・・・と思た次第。


_____________________________________________________________

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真 - カテゴリー:街角Photo

15 : 37 : 52 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
闊歩
2014 / 02 / 09 ( Sun )
この辺りをテリトリーとしてるカラスちゃん。
悠々と闊歩してるのが可愛くてパチリ☆



カラスと言うと、墓場でギャーギャーと啼く不気味な印象で、都会に暮らすとゴミを漁って散らかす害鳥扱いされてますが、こういう姿を見ると、ちょっと大きな九官鳥みたいで可愛いです♪(違うっ


*★*――――――――――――――――――――――*★*

さてさて、このカラスちゃんの姿のように、徐々に核心に迫って来た私のα7とツァイスレンズ論。(え?


前回書きましたように、ちょっとした誤解からカメラに対しての興味が無くなり、まだまだ私にはフルサイズは必要ないなぁと思て一件落着した筈の物欲でしたが、とある方の写真を拝見して、猛烈にツァイスレンズに興味を持ってしまったんですよね。σ( ̄▽ ̄;)

今までは、兎に角安いレンズ!を求めてた私。
私のような初心者が、どんなお高いレンズで撮ろうと、結果は一緒って思いもありましたし、お高いブランドレンズなど、どうせお金持ちの所有欲を満たすだけで、素人が見たって違いが解る筈もないし、安くても自分が撮りたいイメージが写ってたら良いと思てたんです。(;^_^A

実際、今まではどのレンズで撮られた写真だろうと、違いが判らず、ブランド名を知って初めて、そうなんや~って言う程度でした💦

ところがですねぇ、このSonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z はですねぇ、ほんっと透明感のある美しい描写なのですよ。 +゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.

全てのツァイスレンズがそうなのか、私には解りませんが、兎に角このレンズで撮られた作例を見て、惚れ込んでしまった訳です。(。・・。)ポッ

これってプロが撮ったからなんじゃないの?なんて最初は思たんですけど、アマチュアカメラマンが撮ってはる作例を見ても、心ときめく描写なので、このレンズなら私が撮っても美しい描写が得られるのではないか?と、妄想がどんどん膨らんでしまったのですよ。


自称初心者カメラ女子さんがα7をお買い求めされて、キットのズームレンズでのレビューをされてたのですが、その中で印象的やったのが、「写真というのは、プロが撮ればどんな機械でもわりとキレイに撮れるけど、わたしのような初心者には、機械まかせのところがやっぱりあります。」って言う部分。

引用させて頂きました先はコチラ→私が SONY α7 を買った理由


そうなのですよね、やはりプロが撮られると誤魔化されてしまうけど、素人の方が撮られた写真からなら、素直にそのレンズの実力と言うのが、素人にも伝わると思うんですよ。(*-ω-)(-ω-*)ウンウン

で、一気にレンズ熱が上がりまして(爆)、色んな方の写真を見て、やはり欲しい病が収まらない。(>_<)

前回書きましたように、α7ではAPS-C用のレンズが使えないと言われた事を真に受けていましたので(汗)、現行NEX-5Nで使えるツァイスレンズは無いものかしら?と検索をかけたところ、有りましたよ♪
24mmレンズが!
今更な発見ではありますが、このレンズも発売当初は偉い人気やったみたいで、入手困難になってたみたいです。

今ではボチボチ中古も出てますし、入手しやすいレンズになってますが、お値段はそれ程下がってませんね。
って言うか、私が欲しい55mmより一万円ほどお安いだけです。

レンズが欲しくても、使えるカメラがないんじゃ仕方ないしと、flickerでツァイスの24mmで撮られた写真を検索したら、程よく使い易い焦点距離で、美しく暈ける描写はやはりツァイスレンズ!と思わせる写真が多くて、悩む悩む!!(笑)

私が撮る程度の写真なら、やっぱりAPS-C機で充分なんじゃないの?
なんて、レンズ沼に嵌りそうな嫌な予感が過り始めました💦

でもでも、やはり最終的にはフルサイズが欲しくなるんやろなぁ…( ̄o ̄*)ボソッ
なんて事も、頭に浮かんでは消え、浮かんでは消え。(*´Д`)=3ハァ・・・


で、そもそも私、レンズの事良く解ってないって事に気が付きました。(。_°☆\(- - ) バシっ!
所謂35ミリ換算ってのが、全く解ってない💦
今まではお手軽ズームで、構図を整えて撮るってだけの撮り方でしたし、単焦点と言えばマクロレンズでの撮影だけでしたし。
それも換算で・・・などと考えもせず、目視でこれくらいかなぁ?なんて只管アバウトです。(汗)


そこで、レンズの事を調べ始めましたら、レンズの特徴ごとに詳しく解説してはるサイトに出くわした訳ですが、標準域のレンズは使いやすいと思われがちだが、実はとっても難しい画角と書かれていました。
どのように難しいのかと言うと、人間の見た目通りに撮れる素直な画角なので、面白みに欠けるつまらない写真になりがちという事らしい。φ(..)メモメモ

そして、前回書きましたように、販売員さんが初心者には扱いやすいと勧めはるズームレンズこそ、難しいとも書いてはりました。φ(..)メモメモ
つまり、画角が理解できてないと、レンズの特性が活かせないらしい。


続く・・・




_____________________________________________________________

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真 - カテゴリー:動物Photo

12 : 55 : 35 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Dark Angel
2014 / 02 / 09 ( Sun )
今日はとっても良いお天気♪
撮りに行きたいなぁと思いつつ、頭の中を整理したいし、ブログを書きます。(´゚艸゚)∴ブッ



昨日投稿した日にを撮った写真です。
今まで写真を撮ろうとすると、断固拒否されてたんですが、欲しいと言うてたコートを買ったら、撮らせてくれることに。^^

カラス好きはも一緒なので、カラスのイメージで撮りたいなぁ等と、二人でイメージ作りをしてみました。^^

人物撮影は、昨秋にモデルさんを撮らせて頂いたんですが、アイドルっぽくと言うか、モデルさんをより美しくとか、そういうグラビア撮影みたいな撮影はどうも苦手な事に気が付きまして、自分のイメージで撮りたいんですね。σ( ̄▽ ̄;)

素人のくせに生意気な!な発言ですが、やはり自分のイメージの服装で、服装に合う場所で・・・
と思ってしまうんです。

モデルさんが私服で来はると、全くイメージが湧かない。
一応、モデルさんにはどんな場所で撮るとか、こういう服装でとか、モデルさんを手配してくれはった人が伝えてくれてはったんですけど、イメージが違う。(´・ω・`)
ハッキリ言いますと、モデルさん自体は素敵やのに、服装が安っぽい。(;^_^A
毛玉だらけのセーターでは、魅力が半減してしまう。
最近のデジカメは高画質なので、しっかり写ってしまうんですよ。
毛穴や肌荒れが・・・💦

素人撮影なので、後の処理も素人故にカバーしきれませんし。ლ(●¬¬●)ლ

ちゃんとプロ意識に徹したモデルさんなら、体は商売道具なので、キチンとお手入れをされてるんでしょうけど。
いや、プロに撮ってもらう事を前提にお仕事をしてはるから、そうでもないのかしら???

と言う事を感じた訳ですが、は他の人を撮る私にジェラシーを感じたのか、本格的なお化粧をする事に興味を持ったのか、協力的になってくれたのでした。(笑)


*★*――――――――――――――――――――――*★*


とまぁ、撮影秘話?はこれくらいにして(笑)、昨日の続きを。(爆)

SONYのカスタマーセンターが激込みしてる理由は解りませんが、以前も書いたように、私の所へは約束した日時に担当の方から電話が入りました。

それは良かったんですけど、私が質問した内容の答えが、ネットで検索した結果と違う事に気が付いた次第です。(^^ゞ
これは私の質問の仕方が悪かったのか、相手の思い込みによるものなのか、定かではありませんが、コミュニケーション不足は色んな意味で誤解を招く要因やなぁと感じました。σ( ̄▽ ̄;)

そもそも、最近はサラリーマン家庭が多く、仲間内でのコミュニケーションは出来ても、他者とのコミュニケーションを取るのが苦手な人が多いと思います。
そういう私も、コミュニケーションを取るのが苦手な人なのですが・・・(;^ω^)
苦手というより、面倒臭いと言うか、億劫と言うか・・・

でも、接客する時、つまりお仕事モードの時は、それなりにしてますよ。
仕事ですから。 (。+・`ω・´)キリッ

そのお仕事の時に、コミュニケーションが円滑に取れない人が、多すぎるように感じるのは、サラリーマン家庭にお育ちになってはるからかなぁ?と感じる訳です。σ( ̄▽ ̄;)

コンビニの店員さんにも多いですし。ლ(●¬¬●)ლ

話が逸れましたが、商品を売る訳ですから、それなりにちゃんと接客しないと、昨日長文で書いたような販売員さんのように、一方的過ぎて購買意欲が失せてしまう。

前置きがやたら長くなりましたけど、一番初めに何をカスタマーセンターに問い合わせたかと言いますと、レンズの互換性です。

昨日も書きましたが、本当に欲しいのはカメラではなく、レンズなのです。σ( ̄▽ ̄;)

なので、NEX-5Nでフルサイズ用の55mmは使えますか?と質問した訳ですが、答えは「使える事は使える」という返答でした。

が、フルサイズ機にAPS-C用のレンズは使えないと言わはったので、フルサイズ機を買っても勿体無いなぁと思た訳です。σ( ̄▽ ̄;)

モデルさん撮影の為に、どうしようかグズグズと長い間考えてた30mmマクロを買ったばっかりでしたし、このレンズが使えないなんて勿体無さ過ぎると。( ;∀;)

同時期にチラッと手に持った感触が、微妙に違うと感じたのも手伝いましたし、カメラに対する興味がほぼ無くなってしまったんですよね。


ところが今回、ネットで色々調べてる間に、APS-C機用のレンズも使えるって事を知りまして、それならレンズが無駄にならへんなぁと。ムフ♡


厳密に言うなら、使える事は使えるって事ですが、使えないって事とは全然意味が違ってきますよねぇ。(>_<)


アダプターを介して、オールドレンズが使えるってのも、この機種の売りポイントなのですが、そういう事からして、カメラ女子向けではないと感じた印象です。σ( ̄▽ ̄;)

まぁ、私に応対してくれはったカスタマーセンターの担当者さんが言いたかった事は、フルサイズにはフルサイズ用を使ってこそ、本来の良さが発揮できると言いたかったのでしょう。
多分・・・💦


_____________________________________________________________

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真 - カテゴリー:毎日がPhoto曜日

10 : 33 : 58 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Angel Wing
2014 / 02 / 08 ( Sat )
雪になるかも?とワクワクそわそわしてましたが、残念ながら雨で終わった京都市内でした。



と、言い切っても良いのか?
市内と言えども、山沿いの辺りは降ってたりして・・・

でもまぁ、私の生息してる地域は降ってなかったと言う事で。(汗)
何十年振りかの豪雪になってる地域には申し訳ありませんが、待ってる時には降りませんね・・・


さて、そんなこんだで娘と一緒にヨドバシへ行ってきました。^^

勿論、α7を触りに!です。(*´∀`*)

やっぱりネットで見てるだけではね、埒が明かないというのも有りますし、触ってしまったら欲しい気持ちが抑えられなくなると言う怖さもあったのですが、丁度娘もDSのソフトが欲しいと言うてましたので・・・

で、朝の続きですが、価格COMの口コミの中には、SONYさんを宜しく思ってない人も居はって、先日私がメーカーへ問い合わせた時と同じように、応対者が時間を置いてかけ直すって事になったらしく、待ってはったんですが、再度の電話が無かったと、大層ご立腹でした。(汗)

まぁ、今何故こんなにカスタマーセンターが忙しいのか解りませんが、(価格COMの口コミで話題になってる光漏れの事かしら?)メーカー側はちゃんと連絡したけど、電波が通じなかったと説明してはるみたいです。

具体例はこれくらいにしますけど、今まで結構多くの方が、SONYさんのお客様への対応に憤りを感じてはる感じが見受けられました。

そして、私の事ですが・・・
今日ヨドバシへ行った折、ササッとα7の元へ行き手に取ると、すかさずSONYさんから派遣された販売員の若い男性が近寄って来はって、私からα7を取り上げ、「電源はココです」と電源を入れてくれはりました。
ここは素直に親切な人やなぁと思いましたが、私が「今付いてるレンズは何ですか?」と尋ねたら、「標準レンズです」とか何とか言わはったように記憶してますが、「ツァイスレンズは無いのですか?有ればそちらを付けて欲しいのですが」と注文を付けたら、何やら勿体ぶって標準ズームレンズを勧めて来はるんですよね。ლ(●¬¬●)ლ
なので、「液晶画面で見ただけで違いが解りますか?」と尋ねたら、「写真を良くご存知の方なら解ります」と。
この辺りで、ハッキリと不快な気持ちが湧き上がってきた私。

販売員の男性は、言外に、私のようなオバサンがツァイスレンズの良さなど解る筈もない!と言わんばかりに聞こえたんですよね。( ̄― ̄メ)イラッ・・・

まぁ確かに無印のレンズが付いてるのに、レンズを聞いたので販売員さんはレンズの事を知らないオバサンと思わはったんでしょう。
でも、私が手に取って直ぐに取り上げられたので、確かめる隙が無かったんですよ。σ( ̄▽ ̄;)
今私が欲しいと思ってるレンズ、凹レンズなので、ブランドマークを見なくても確かめられたんですけど、販売員が持ってはるしね、しかもレンズが小さいので販売員さんの手のひらにすっぽり入ってしまってるし、私の横に立ってはるし、わざわざ前に回って覗き込むより、聞いた方が早いかな?と・・・


まぁ、これは私の僻みかも知れませんのでただの愚痴と言うか、私の思考回路がなせる業なのですが、その後も、販売員の独走状態が続き、勝手にパシャパシャと見本に置いてある人形を撮っては、液晶画面を拡大して見せて、「どうですかこんなに美しく撮れるんですよ」の一点張りなのですよ。(。・ˇ_ˇ・。)ムゥ...

ササッとズームレンズとツァイスをとっかえひっかえしてはるので、どちらがツァイスで撮った画像なのか、写真を良くご存知の方でさえ解らないと思われる早業です。(。-`ω´-)

会社から、何が何でも標準ズームを売れ!と言われてはったんでしょうか???

販売員さんの口からは「ツァイスでなくても綺麗に撮れますし、最初はこのレンズから始められても良いと思います。お値段的にもお得です」と・・・(汗)

はい、普段の私なら、その言葉で気持ちがグラッと来たかも知れませんが、今回ばかりは、このレンズの描写に惚れ込んでしまったのですから、譲れないものがあるんですよ。 (。+・`ω・´)キリッ

カメラは二の次と申しましょうか、このレンズを使いたいが為に欲しいなと思たので、実機を確認に足を運んでると言うのに!

販売員の強引な販売方法にウンザリするは、肝心の実機はちっとも触らせて貰えへんし、ふと見ると娘が仏頂面で立ってるし、その場を立ち去りました。(*´Д`)=3ハァ・・・

ちょっと前の世にも奇妙な物語にあった「不死身の夫」の中で使われてた夫人のセリフ「私はどうしても確かめなければならなかった」宜しく(笑)この後、ヤマダへ行き、確かめたかった事を確かめなければならなくなりました。チッ(。◣‿◢。)

先ず、どこぞのレビュアーさん方が書いてはった、シャッタートルクの事。
連写すると指がツルくらいと、ちょっとオーバーな言い方をしてはったので、そんなに重いのか?と。
ちょっと触ったくらいではそんなに重く感じなかったのかも知れませんが、そんなに重く感じませんでしたけど・・・

ただ、私の指ではシャッター位置がほんの僅かですが、違和感がある位置です。
最近触った機種の中で、しっくり来たのがα77でしたが・・・(汗)


後、電子ビューファインダー。
これに関しては、レビュアーさん方の評価がすこぶる高かったので安心してましたが、実際にどんな風に見えるのか、確かめたかったのです。
NEX-5Nには付いてませんし、そこがどうしても譲れない場面も経験してますしね。^^
スナッパーの方々は、ノーファインダーで撮ったりしてはるので、スナップメインなら、どうしても必要ではない機能かな?なんて思てたんですけど・・・
やっぱり色んなモノを撮りたくなる訳で、キチンと構図を決めたい時もある訳で・・・

あ、勿論、すごく綺麗に見えましたし、水平器が見えるのも初めての体験で、ちょっと吃驚しましたが、あれば便利かなぁ?くらいでした。(汗)
多分後から設定で、見えなくする事も出来るでしょうけど、この機能はα7Rのような風景に適した機種で、風景を撮るなら大助かりでしょうね。^^


そうそう、レビュアーさんが書いてはった、フレキシブルスポットの移動が大変という箇所。
NEX-5Nもそうなので、もう一度愛機で確認しましたが、こんなもんちゃうのぉ?な感想です。σ( ̄▽ ̄;)
って言うか、NEX-5NではAFが迷う時、タッチパネルで対処してますから・・・
でも、α7にはタッチパネルがないんですよね。ლ(●¬¬●)ლ
で、ちょっと心配っちゃぁ心配になったんですけど、AFの性能が上がってるみたいですし、それ程神経質にならなければならない場面が私にあるかしら???と。

ポトレ専門の方が、瞳AFは使い物にならないレベルと言うてはりましたが・・・
それも私にはそれ程重要な事ではなく、おまけ程度の機能かな?と。
NEX-5Nには(も)顔検知みたいな機能がありますが、それも使ってないし。(汗)
変に色んな人にピントが合うと、イライラするんですよね。


ある意味、カメラにはそれほど、期待してないと言う事なのかも知れませんが・・・(滝汗)
ただ、レビュアーの方がシャッター音を録画で紹介してはったのを聞いて、「おぉーーー!好き好き♡」となった事は、白状しておきます。(。・・。)ポッ
まぁ普段あまり気にしてない部分ですけどね、気になる方は気になるようで。。。
壊れそうな気がするシャッター音が気に入らないと、α99の購入を見送ったという人を知ってるもので。(^^ゞ




_____________________________________________________________

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真 - カテゴリー:動物Photo

23 : 52 : 53 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Black Wing
2014 / 02 / 08 ( Sat )
さて、今年もユリカモメのシーズンがやってまいりました。(*^^)v



という訳で、ちょこちょこ撮りに行ってるんですが、投稿してませんでした💦

私がカラス好きと言う事もありまして、この辺りにテリトリーを持ってるらしいカラスが撮れましたのでお披露目です。^^

黒い羽、美しいです。
カラスの飛翔シーンを見てみますと、羽の形がどうにも決まらないと言うか、湾曲してしまってるような気がするのですが、この形は決まってるように思います♪


*★*――――――――――――――――――――――*★*

それはさて置き、昨日の朝、いつものように出勤準備をしてる時、TVからSONYの経営悪化、TV事業及びPC事業からの撤退、従業員5000人解雇の言葉が聞こえて来て、かなりショックを受けました。

TVのメーカーは違うけど、PCもカメラもビデオカメラもSONYさんなのですよね。σ( ̄▽ ̄;)
ユーザーやからと言うて、直接関係ないっちゃぁ関係ないんですけど、やっぱり5000人の解雇と言う事実を聞くと、この先世の中はどうなるんやろう?って不安になります。
当然、明日は我が身、カメラ何ぞと言う、生活に直接関係ない贅沢品を買ってる場合ではないと、危機感を募らせてしまうのは、貧乏人の発想でしょうか?(;^_^A

価格COMの口コミを見ると、SONYさんを応援するって声も聞こえますし、こんな時やからこそ応援するって気持ちも無きにしも非ずですが・・・

なんせ、春からの消費税増税が控えてる以上、今の生活にどれだけ影響して来るかも未知数ですし、ここで大きな買い物は控えたいと思ってしまう意気地なしです。σ( ̄▽ ̄;)

解雇・・・
倒産・・・
事業縮小・・・

明日は我が身ですからねぇ・・・(´・ω・`)

*★*――――――――――――――――――――――*★*

そうそう、前回の記事でフィルター系のエフェクトを搭載してるのはSONYだけのようなイメージで書いてますけど、元祖的な存在であるO社のカメラはもとより、老舗各メーカーのカメラにも搭載してあるし、各社の仕様は知りませんが、SONYさんの場合は、JPGオンリーです。^^

そのJPGオンリーな書き出され方についての補足ですけど、これもかなり誤解を招くような書き方になってたので、ちょっと書き加えておきますが、各社、色んな味付けで出力されてる訳で(デジタルですから当たり前ですね)、その受け取り方が人によってマチマチですよね。(これも当たり前ですね💦)

SONYさんの味付け、特に今回のα7についてだけ書きますけど、とある雑誌記者さんは、作りすぎてて自然感がないというような書き方(感じ方)をしてはりましたので、前回の記事ではそう書きました。σ( ̄▽ ̄;)

ですが、価格COMでのとあるレビュアーの方は、色味が淡泊でRAW現像にて味付けしなければならない、この辺りがフルサイズ機なのだなぁというような感想を持たれてる事を思うと、人の感じ方はそれぞれなんやなぁと実感します。

色味が淡泊というご意見は他にもチラホラ拝見しますので、どちらかと言うと雑誌記者さんの感覚の方が、一般の方よりもズレてるかも?
見慣れてると言うのも、大いに影響しますから、私のようにデジカメはずっとSONYというユーザーから見れば、N社やO社の色味はかなりコッテリ系に感じてしまいます。

なので、やはり自分で使ってみるしか、モヤモヤを解決する術はないのでしょうね。(*´Д`)=3ハァ・・・


_____________________________________________________________

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真 - カテゴリー:動物Photo

10 : 08 : 50 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミニチュアの村
2014 / 02 / 02 ( Sun )
昨日に引き続き、鳥居本の景色ですが、ミニチュアのエフェクトをかけて撮ってます。^^



普通に撮ったら、普通の景色なので、ここは合掌造り?のお家を可愛らしく撮ってみたいなぁと思い、ミニチュアにしてみました。^^

まぁ、こういうお遊びが出来るのが、このカメラの良いところです。(^^ゞ

プロの先生によりますと、撮った後、手を加える事で写真が作品になるらしい。φ(..)メモメモ

このようなエフェクトをかけた場合、JPG撮って出しになるので、楽しく撮る分には良いという判断になるんでしょうね。

α7もこういうエフェクトがかけられるようになってるようですし、どこかの雑誌に掲載してあった記事を読むと、JPG撮りっぱなしでも、十分綺麗な仕上がりになるようにカメラ側で調整してあるみたいです。

そこがですね、昔から写真をしてはる方々にウケが悪いと言うか、写真とはこういうモノだ!と固定観念を持ってはる人たちからは、批判を受ける部分ではないかと。(汗)

で、ですね。
昔からのカメラメーカーの機種をお使いの方々から、S社のカメラはカメラではなく、家電製品であると言われる所以なのでしょうね。

で、ちゃんと写真をやりたければ、老舗カメラメーカーのカメラを使いなさいと。(>_<)

でもですねぇ・・・
Wi-Fiを使ってSNS等に写真を投稿する場合、一々画像編集などと煩わしい事をしなくても済むようになってると思えば、非常に助かる機能ではありますよね。
私は使いませんけど…( ̄o ̄*)ボソッ

面白ネタ的に投稿するには便利ですし、実際ツイッターに投稿する際、ガラケーから投稿もしてましたが、所謂それだけのような気もするんですよ。σ( ̄▽ ̄;)
それを高画質&高精細のカメラで投稿する意味が見いだせないと言うか、折角の高画質&高精細が勿体無いと言うか。

ネットと言うのは実に怖い世界ですし、ネットに投稿した時点で、画像を無断で使われても仕方ないんですよね。
そういうトラブルはずっと前からありますし。ლ(●¬¬●)ლ

娘からもしょっちゅう見せられるネット上での面白画像を見て、つくづく感じるんですけど、元ネタ画像に一杯落書きして世に出回らせる。
本人や見た人は楽しいでしょうけど、元ネタ画像を投稿してはる人は、そういうつもりで投稿したり公開したりしてはらへん訳ですから、心中はどうなんでしょう?と思う訳です。σ( ̄▽ ̄;)

またまた抹香臭い話になりましたが、要するに便利になればなるほど、弊害も発生すると言う事を認識した上で、便利な機能を使わなければならないなぁと思う訳です。(*-ω-)(-ω-*)ウンウン


_____________________________________________________________

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真 - カテゴリー:毎日がPhoto曜日

12 : 12 : 53 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雪景色
2014 / 02 / 01 ( Sat )
季節外れの暖かい週末に、景色も何なのですが・・・💦



兎に角悩み多き日々でして、狙いが定まっておりません。( ;∀;)

この写真についても、大いに悩み、迷い・・・
もっと緑を鮮やかにするべきか、もっと色を抜くべきか・・・(*´Д`)=3ハァ・・・

本当はもっとその場で見た色を、忠実に再現するべきなのかもしれません。┐(´-`)┌

けれど・・・

そんな教則的な写真を目指してるのか?

とも、思う訳です。σ( ̄▽ ̄;)

同じように、フォトコンに入選する、又は、人から良い評価を得る写真を撮る事を目指してるのか?

とも、思う訳です。σ( ̄▽ ̄;)

もっと写真を撮ること自体を愉しんでも良いのではないか?と。


と言いますのも、最近、またまた凹んでまして・・・
自分の写真がどんどんつまらなくなって来てるなぁと、しみじみ感じている訳です。

所謂、型にはまって来てる感が否めない。(´・ω・`)


欲しい欲しいと思ってるカメラ&レンズも手が届かないですし。。+゚(゚´Д`゚)゚+。

で、昨日、思いっきりネットで情報を検索し、自分の中で何が一番気になるのか、徹底検証してみました。

先ず、カメラなのかレンズなのか。

勿論両方欲しい訳ですが、予算的に無理なので、どちらかを選ばねばなりません。
と言う事で、先ずはレンズを買う方が良いのではないか?とどこぞのサイトを見て、ハッと気が付きました。
幸いなことに、そのレンズを使用できるカメラを持ってますから。
でも、そのレンズを付けた愛機の姿を想像したら、恐ろしく不格好です。(>_<)
見た目から入る私としては、そこが激しく引っかかるんですよね。

随分前になりますが、O社のPENが発売された時、10万円を超えるカメラはどうしても手が出なかった経緯が、フラッシュバックされてる状況です。σ( ̄▽ ̄;)

その当時と比べて、写真に対する熱意はかなり上がってますので、買っても良いなぁ♡という気持ちは強いんですけどね。

でも、そのカメラとレンズとの組み合わせは20万円を超えてしまうと言うのが、私の中で越えられない壁を作ってしまってます。

で、また振出しに戻って、写真を撮る事を愉しみたいのなら、機材はどうでもええやんとなる訳ですが、やっぱり欲しい・・・と堂々巡りしてる訳です。。+゚(゚´Д`゚)゚+。


_____________________________________________________________

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真 - カテゴリー:毎日がPhoto曜日

11 : 50 : 57 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
Related Posts Plugin for WordPress, 
Blorrer...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。