全件表示TopRSSAdmin
information
    刀剣乱舞、三条派のレイヤーさんで、個人撮影及び2~3名で撮影を希望される方を募集しております。
    撮影場所は京都市内限定。ブログ及びTwitterで写真を公開しても良い方に限りまが、ご連絡お待ちしております。
    宜しくお願い致します。


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
桜 大原野神社から七条高瀬川
2010 / 04 / 16 ( Fri )
勝持寺を出て、下山途中にある大原野神社に寄り、ワチキの娘の撮影に付き合いつつ、求めてる桜を探しました。
が・・・
見当たらへんので(泣)、足早に立ち去る途中に、ワチキの目を惹いた桜。

DSC06199a.jpg


お天気も良かったので、北上する事にし、途中平野神社前のファミレスで昼食。
ついでに平野神社の鳥居前から、平野神社の桜をチラ見。(笑)
そして、渋滞を楽しみつつ?鴨川沿いの桜を車中からお花見。

DSC06201a.jpg

やっぱり思い描く桜に会えず、北山通りで引き返し、七条高瀬川へ。

DSC06222a.jpg

ロケハンしながらチョロチョロと撮っただけの、長~い一日どした。^^
ワチキの桜探しは、まだまだ続く。
続くったら続く。。。〃´o`)=3
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ: - ジャンル:写真 - カテゴリー:毎日がPhoto曜日

21 : 07 : 04 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
桜 勝持寺
2010 / 04 / 08 ( Thu )
墨染寺に行ってから、勝持寺に寄り、西行桜と対面してました。^^

DSC06145a.jpg

去年、ココへ紅葉狩りに来たときに、是非とも春に来たい!と思てたので、念願かなって嬉しい限りどすけど、この仁王門をくぐったら、急勾配の上り坂が運動不足の体に堪えます。(汗)

DSC06150b.jpg

ヒップアップ効果を実感しながらひたすら上り続けると、途中こんな光景に出くわしました。(*^^)v
桜の下には死体が・・・と言われるように、この見事な桜の後ろは墓地どす。


DSC06157a.jpg

さて、いよいよ西行桜とご対面~♪どしたが、3代目と言うことで、まだまだ幽玄の美とは程遠く。。。

西行法師と言えば「願わくば 花の下にて 春死なん その如月の望月のころ」と詠わはった歌が有名どすね。

前回の記事で触れた墨染寺の「墨染桜」の枝を、西行法師が杖にし千葉東金市山田の地で「深草の 野辺の桜木 心あらば 亦この里に すみぞめに咲け」と詠わはったところ、その杖が芽吹いたという話も伝わってますね。


DSC06171b.jpg
別角度から、もう一枚。^^

DSC06178a.jpg
コレを撮ってる時にふと思いつき・・・

DSC06183a.jpg
今回一番のお気に入りが撮れました!\(^o^)/

が、これを撮ってるとき、怪しいオバサンになってたのは言うまでもありまへん。(汗)
見知らぬオジサンに「こっちから撮った方が綺麗に撮れますよ」とまで、アドバイスされたくらいどす。(滝汗)
ご親切は非常に有難かったんどすけど、ワチキが狙ってたのは・・・以下省略。
やっぱり歪んだ写欲の持ち主であるらしいことが明らかになりました。(笑)

_____________________________________________________________

テーマ: - ジャンル:写真 - カテゴリー:毎日がPhoto曜日

19 : 49 : 46 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
桜 墨染寺
2010 / 04 / 05 ( Mon )
前回訪れた時は未だ蕾やった「墨染桜」を見に、墨染寺に行ってきました。^^
もう少し詳しく調べてから行ってれば、2度足を踏まずに済んだんどすけど。(;^_^A
この桜は、ソメイヨシノが満開を迎える頃から咲き始めるようどす。

DSC06137a.jpg

平安時代の歌人上野岑雄(かむつけのみねお)が、藤原基経の死を悼み、「深草の野辺の桜し心あらば今年ばかりは墨染めに咲け」と詠んだ歌に応え、 桜が本当に薄墨色になったとの伝説があります。
なんとも胸を締め付けられるロマンをかき立てられました。

DSC06139a.jpg


DSC06140a.jpg


只の伝説ではなくちゃんとした物証もあるようで、その当時の桜の根元付近を墨染寺の床の間に飾ってあるようどす。
京都新聞関連サイト

_____________________________________________________________

テーマ: - ジャンル:写真 - カテゴリー:毎日がPhoto曜日

17 : 43 : 59 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
桜 序章
2010 / 04 / 03 ( Sat )
去年、新聞記事を読み、是非とも見たい!!と思たがあるので、開状況を見に行ったんどすけど・・・
お目当てのは、未だ蕾。。。


で、他のが咲いてたので、ちょっと撮ってみました。

DSC06023a.jpg


DSC06033a.jpg


DSC06034a.jpg


DSC06130a.jpg

_____________________________________________________________

テーマ: - ジャンル:写真 - カテゴリー:毎日がPhoto曜日

10 : 24 : 58 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
五色八重散椿 地蔵院
2010 / 04 / 01 ( Thu )
一本の木から、白・赤・ピンク・斑入りのが咲き、弁がひとひらずつ散るのが特徴の、五色八重散椿
ここに植栽されてる五色八重散散椿は、戦国武将「加藤清正」が「豊臣秀吉」に献木したものどすが、当時の木は枯れ、現在は樹齢120年の二世どす。

DSC05509a.jpg


DSC05540a.jpg


DSC05545a.jpg


DSC06091a.jpg


DSC05520a.jpg


DSC06053a.jpg


イマイチ撮りあぐね(泣)その上、冷たい雨が降り続いた後に行ったので、苔の上に散り落ちた弁が痛んで、折角の風情が台無しどした。(涙)


DSC06099a.jpg


DSC06095a.jpg


_____________________________________________________________

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真 - カテゴリー:毎日がPhoto曜日

21 : 02 : 55 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
Related Posts Plugin for WordPress, 
Blorrer...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。