全件表示TopRSSAdmin
information
    刀剣乱舞、三条派のレイヤーさんで、個人撮影及び2~3名で撮影を希望される方を募集しております。
    撮影場所は京都市内限定。ブログ及びTwitterで写真を公開しても良い方に限りまが、ご連絡お待ちしております。
    宜しくお願い致します。


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
ベーサルシュート
2005 / 08 / 29 ( Mon )
6月5日に我が家に到着して数日後、これがベーサルシュートなる物かなぁ?と発見した小さな芽なのですが、それ以降待てど暮らせど全然大きくなってくれなかったので、来年に期待かなぁと思っていましたが、ここ数日、ちょっとずつ膨らんで来てるようです。(*^^)v
と、喜んで観察してると、もう少し下、丁度枝の下辺りからも芽が出て来てるようです。^^

マダム高木さんの著書の中に、9月中に出たベーサルシュートなら、来年の花付きに期待が持てると書かれていたと思うので、滅茶苦茶嬉しいです。

が、悩ましい事に、変な所から出てる枝も有りまして(汗)、サイドシュートが出た根元から、再びサイドシュートが出て、それが又最初のシュートより太くて立派!
これでは枝が混み合い過ぎるので、整枝するべきなのかなぁ?と超初心者泣かせの枝になってます。
交差してる訳ではないので、そのままにしておいても良いのかなぁ?でも、同じ所から出る枝は、養分の取り合いになり、美しい花が咲かないとどこかで読んだ記憶があるので、どうしたら良いの?なんて思ってる所へ、解決策を見つけてしまいました。(*^^)v

つまり、太い枝の方を短めに剪定した後、細い枝を弱剪定して、養分の取り合いをカバーする方法です。

どこかで読んだ記憶の中に、ベーサルシュートにそのまま花を咲かせても、良い花が咲かないと書いてあったし、どちらにせよ、このシュートは剪定をしなければなりませんね。
現状は、先が箒状に枝分かれして、蕾も付けてくるので、その都度摘蕾しています。

剪定シーズンを控え、ローザリアンさんのサイトをサーフィンしてると、夏の体力回復と、秋花に向けての施肥を行っておられるようなので、我が家も数日前に置き肥を済ませ、今日は米ジョーをしました。
液肥を使われる方も多いのですが、現在使用中の起き肥の効果を見てみたい気もするし、液肥は根っこに負担をかけるようなので、今回は止めました。
米ージョーに混ぜた物は、木酢液とメネデ-ル。
HB101も気になってるのですが、お値段を考えたらちょっと手が出ません。(汗)
無料サンプルを郵送してもらえそうなので、申し込んでみようと思いつつ、そのままになってます。(滝汗)

そうそう、レトランジェさんのマルチはバーク堆肥なのですが、米ジョーの後暫くは、水はけが悪くなります。
が、他の苗のマルチは藁なので、水はけが悪くなる事は無い様に思います。σ(^^;
他の苗は米ぬかまきをしてないと言うのも、関係あるのかなぁ?

ピンクのバラ選びで、現在最有力候補に挙げているのが、クィーンオブスウェーデン。
新作なので、日本での生育状態やその他詳細が不明なのが難点。
たまたまお伺いしたサイトに、オースチン氏のWEBサイトのURLが載ってたので、そちらにお邪魔して品種の説明を読んでみました。
勿論、翻訳サイトを利用して。(爆)
なので、へんてこりんな表現になってるのですが、なんとなく推測できる範囲なので、この情報も参考にしてみると、どうやら褪色して行く時にアプリがかるように受け取りましたが、英語のお得意な方、どうなのでしょう?
是非、ご意見を伺わせて頂きたいです。
こちら

画像はベーサルシュートと思われる芽の部分。
retranje8-29.jpg

ちょっと見辛いですが、悩ましい枝。
retranje8-29-2.jpg

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:バラが好き。。。 - ジャンル:趣味・実用 - カテゴリー:レトランジェ★

12 : 25 : 33 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
新葉2
2005 / 08 / 27 ( Sat )
もう少し早く新葉の様子をUPしようと思っていたのですが、リシュリューさんと同じ理由で撮影も今朝になってしまいました。(;^_^A

我が家に来た直後は、薄い黄緑色の葉っぱでしたが、何時の間にやら濃くなってて、新葉も展開してるシャリファさん。
こんなに若い葉っぱでも、波打ってるんですねぇ。(◎-◎;)
syarifa8-27.jpg


ところで、グレイパールは暑さに弱いのでどうしようか散々悩んでるのですが、このシャリファさんも暑さに弱い品種だと知り、戦々恐々の私。
マダム高木さんの著書に、強い日差しに花弁が焼ける事があるので、半日陰の方が花は綺麗と書かれていたので、夏はすだれで日除けをしようかな?とは考えてましたが、暑さそのものに弱かったらお手上げです。┐(´□`)┌

そうそう、書き留めておきたかった事は、我が家に来た時からついてた葉っぱに、粘々とする液が暫く付いていた事。
到着した時は付いてなかったと思いますが、植え替え後から徐々に葉っぱに滲み出て来ました。
このまま粘々の状態が続くのか?と観察していたところ、ここ2日ほど前から流出しなくなりました。
雨に当たる事もないし、水遣りの際に葉っぱにかけてた訳でもないのですが、自然と粘々の液が乾き、今はサラサラした状態です。

マルチにカニガラを使用した為か、植え付け直後からハエが2匹、毎日鉢の上に止まってて、殺虫剤を使うわけにも行かず、参ったなぁ・・・と思っていましたが、やっぱり蛆が湧いてます。(滝涙)

潅水後暫くして鉢の様子を見に行った時、モコモコと藁が動いてるので発見しました。
娘が幼稚園から帰った後、一緒に土を少しほじくったら、蛆とご対面となりました。ギョへ~~~

レトランジェさんのマルチはバーク堆肥なのですが、こちらも植え付け後かなり長い間、コバエの繁殖場と化しており、我が家のベランダからハエが次々と排出される現状に、農薬を使うこと以外にも近隣にご迷惑をお掛けしてるなぁ・・・とちょっと気が咎めました。

_____________________________________________________________

テーマ:バラが好き。。。 - ジャンル:趣味・実用 - カテゴリー:シャリファ・アスマ

10 : 11 : 15 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
新葉
2005 / 08 / 26 ( Fri )
相変わらずピンクのバラ探しに奔走してるので、ブログの更新が滞ってます。(滝汗)

という訳で、掲載しようと考えて写したリシュリューさんの新葉の様子、ちょっと日が経ってしまいましたが、8月24日の状態を載せてみます。(^^ゞ
risyuryu-8-24.jpg


とっても綺麗な黄緑色にうっすらピンクが乗って、桜の新葉を連想してしまいました。σ(^^;
ついでに桜餅を連想してしまい、美味しそう!と思わず、口中に桜餅の味が広がってしまいました。(滝汗)

植え付けが18日でしたので、このスピードは目を瞠るものがあります。
新芽に賭けたリシュリューさんですが、購入時、レジのお姉さんがこの大事大事な新芽に気を遣う訳でもなく、袋に入れられたので、その時ちょこっと新芽の先が取れたんですよね。(滝汗)
その事をとても心配してたのですが、そんな事お構い無しに葉っぱが展開してくれたので嬉しいです。σ(^^;
でも、まだ油断は禁物。
葉っぱの展開って、今まで蓄えてた養分で展開するらしいので、根っこの状態とは関係ないのが怖いところ。
これからも要観察です。

ピンクのバラ探し、まだまだ難航中で、見識の深い方々のアドバイスを受けながら、かなり絞り込めて来ましたが、まだ決定打ではありません。
何故なら、ここに来て、やはりベランダのスペースが限られてるので、ピンクのバラを置くとかねてよりお迎えすべく心の準備が整っていた、グレイパールが置けなくなりそうなので、どっちをお迎えするべきかかなり頭の痛い選択を迫られています。

グレイパールは暑さに弱いらしいので、お迎えしても我が家の熱風地獄に耐えられるかどうかが心配。
暑いだけならいざ知らず、不快指数90%くらいの蒸し暑さに耐えてくれるのでしょうかねぇ。。。

コレに対抗してるのが、現在のところ、ライラックローズとクィーンオブスウェーデン。
ライラックローズの色と、カップからロゼットに変化する花形がとても気に入ってるけど、娘にはちょっと渋すぎるかな?(爆)
クィーンの方は娘も可愛い~~~と即気に入ったようですが、ディープカップというのがなんとも・・・
香りはミルラ香らしいので興味津々。
樹形もスリムなようで、ERは発表年度が新しいほど、耐病性に優れてるようなので、気になってるけど場所がぁ~~~っ!
という状況です。

通販オンリーの私ですので、送料の事を思うと、他のバラと一緒に送って貰う方がお得!
と思うと、早く決めなければ!と焦りに拍車がかかるし、実際に咲いてるところを見に行ってから決めるという気分的余裕がないのも困ったものです。トホホ

_____________________________________________________________

テーマ:バラが好き。。。 - ジャンル:趣味・実用 - カテゴリー:カーディナル・ドゥ・リシュリュー★

11 : 02 : 19 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
華麗なる薔薇の誘惑
2005 / 08 / 23 ( Tue )
薔薇病発症のきっかけとなった娘のバラを選ぶ為に費やした時間は、私に体調不良と寝不足をもたらしていましたが、漸く終盤を迎えてきました。〃´o`)=3 フゥ

狭いベランダゆえ、置ける鉢数が限られてる為、途方も無い時間がかかってしまったのですが、要するに、自分の欲しいバラを減らせばもっと簡単に終わらせられてたと思いますし、さもなくば、娘のバラを諦めさせる、もっとバラを置けるお家に引越しをすれば簡単に解決できる事なのですが、どれも不可能な状況なので致し方御座いません。トホホ

一番実現可能な事は、娘のバラを諦める事なのですが、それは今後2人でバラを楽しみたいという私の願望が邪魔するので、どうしても出来ませんでした。
が、近頃の娘は、バラに対する興味が薄れてきてるようで、私がカタログを指差し意向を訊いても、どれでも良いというような言動をするようになって来てますので、内心焦っております。σ(^^;

ま、僅か4歳の娘にしてみればそれも致し方ない事で、ベランダに鉢は並んでるけど、お花が咲いてないしねぇ。(ーー;)
かと言って、全く興味がなくなった訳でもなく、お花屋さんに行くと、必ずピンクの切りバラを欲しがり、丁々発止のやり取りの後、結局買わされてしまう事になるのです。(泣)
こうして切花を度々買う事を思えば、自宅で育てたら思う存分眺められて、栽培の楽しみもある苗を購入する方がお得!と主婦根性がメキメキと台頭してくる私です。(滝汗)

さてさて、ピンクのバラ選びも終盤戦になってきたとは言え、まだ最終決定ではないので、もう暫く悩みそうですが、現在とても気になってる品種を書き連ねながら、絞り込んでみようと思います。

まず、娘が一番最初に欲しがったピンクのバラがヘリテージだったので、それに似たようなクリアな薄いピンクという事で気になってるのが、セプタードアイル、クィーンオブスウェーデン、スピリットオブフリーダム。
いずれも、ERなのですが、共通してるのはミルラ香を持ってるという事。
バラ選びの重要な要素として私が拘ってるのは香りなので、実際に香りを確認してみたいところです。
ミルラ香といえば、最近惹かれてるオールドローズの中に、ベルイシスという品種が、ERにミルラ香を伝えたとされてる事を知り、こちらも欲しい品種です。
が、香り、花形が気に入っても、樹高・樹形が我が家に向かない物もあり、これが頭を痛める原因でもあります。
それにやはり、娘に楽しんで貰えるように、四季咲き性の高い品種である事も必要ですしねぇ。

でも、先日飛び入りでお迎えしたリシュリューさんの色との兼ね合いを考えたら、もう少し濃いピンクがいいかなぁ?と検索して、ルイーズオディも素敵、でも樹高が高い。(>_<)
と思ってるところへ、ヘルモサが目に飛び込んで来て、これにしようかなぁと、かなり有力候補に挙がってます。
が、ライラックローズもミルラ香という事で捨て難い。( ̄~ ̄)ξ

樹高で諦めた薄いピンクの品種に、ファンタンラトゥールが有ります。

こうしてバラの華麗なる誘惑に翻弄されながらも、日々過ぎて行ってる訳ですが、ふと見ると、リシュリューさんもシャリファさんも新芽を展開してくれています。(◎-◎;)
植物の成長って早いですねぇ。

あ~~~、もう少しバラが置けるお家に引っ越したいなぁ・・・(痛切)

_____________________________________________________________

テーマ:バラが好き。。。 - ジャンル:趣味・実用 - カテゴリー:未分類

11 : 19 : 31 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
新芽に賭ける
2005 / 08 / 20 ( Sat )
バラ病新患にありがちな、衝動買いをしてしまいました。(汗)
以前から気にはなってたのですが、春一季咲きという事、樹高が高くなるという事で、入手する気はなかった「カーディナル・ドゥ・リシュリュー」をお迎えしてしまいました。(滝汗)

普段ならこんな酷い状態の苗を購入する気になんてならなかったと思うのですが、先日のシャリファの苗を見てからなので、なんとかなるのではないか?と、恐れを知らぬ暴挙に出てしまいました。σ(^^;

と言うのも、細い枝先に出てる新芽が、私に希望と勇気を与えてくれたからです。

HCの何気に覗いたバラコーナーに置いてあり、春苗の売れ残りと思われるし、水切れも何度も起こしてるような酷い状態で、ビニールポットには、かつて付いていたと思われる枯葉が落ちてるし、残った葉っぱも黄色く変色して枯れかかってるし。。。(ーー;)
こんな劣悪な環境でも、新芽を出してる様子からして、これからお世話したら何とか持ち直してくれるのではないかと思わせたのです。
新苗の時から然るべきお世話を受けた苗と比べたら、生育も遅いだろう事は予想されるのですが、どうせ一季咲きで春まではお花に会えないと言うのが、購入の強い動機の一因となりました。

そしてもう一つの強い理由は、お値段が安かった!(爆)
500円くらいなら一年草を買い換えるのと同じくらいの値段だし、咲くのか咲かないのかヤキモキする楽しみもあり、長く楽しめるかなぁと。

ちょっと驚いたのは、植え替え時にビニールポットから抜けないくらい根が回っていた事。
少しほぐした方が、根付きが良いかも?とは思いましたが、この時期に根っこを弄くるのは良くないと思い、とりあえずそのままの状態で、6号素焼き鉢に植え替えました。
用土は京成バラ園の土。
マルチはカニガラと藁。
思えば我が家のバラのうち、ミニバラであるレトランジェが一番大きな鉢に植えられて、苗と鉢とのバランスが悪いなぁ。トホホ
でも、初めてお迎えした値段の張るバラだったので、過保護になっても仕方ないか。(苦笑)
risyuryu-8-18.jpg

こちらが購入時の全体像。
樹高38センチ。
risyuryu-sinme.jpg

コレが、購入する気になった新芽。
risyuryu-8-20.jpg

これは継ぎ目の部分ですが、これは芽継ぎ苗なのかな?

バラの名前って下を噛みそうなややこしい名前が多いし、カタカナ表記にすると、微妙に違って紹介されてる事が多いのですが、このバラも本によっては微妙に違う。(汗)
タグにはカルデナル・ドリシューとなってました。(;^_^A
しかも、四季咲きローズとなってたのにはビックリ!!
栽培元は浜名湖薔薇園となっています

_____________________________________________________________

テーマ:バラが好き。。。 - ジャンル:趣味・実用 - カテゴリー:カーディナル・ドゥ・リシュリュー★

12 : 05 : 44 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
バラは根っこが命
2005 / 08 / 19 ( Fri )
どこかの肥料メーカーのキャッチフレーズと同じタイトルになりましたが、今回の苗の購入に際しての率直な感想です。σ(^^;

と言うのも、シャリファをどこで購入するか、非常に悩みに悩んでいた私は、根っこに自信のある日本バラ園さんの苗に、非常に強い関心を抱いており、そんな折タイミングよく、ともっちさんのBBSで、日本バラ園さんから購入された苗の育成状態を拝見する機会に恵まれました。
こうなれば、もう居ても立っても居られず、初心者の私がいきなり挿し木苗なんて育てられるのか、大苗の方が早くお花が見られるのではないか、今注文して苗は有るのか?云々と、色んな考えが頭の中を堂々巡りしておりましたが、結局は考える事に頭が付いて行けなくなり、発作的に注文してしまった訳です。(汗)

私が何故これほどシャリファの購入先を悩んでいたかと申しますと、ERは作出年数が浅い事もあり、カタログのように美しく咲く年数が少ないとか、根頭がんしゅ病の蔓延した土壌での栽培苗が出回ってるとか、台木との相性が悪く生育が遅い、悪い等々、初心者の私には恐怖以外の何者でもない情報が飛び交っており、それでもどうしても欲しかった品種なので、悩みに悩んでいた訳です。

そして何時苗が届くのか詳細が不明のまま過ごし、その日は何故か予定通り事が進まず、何時もより遅めに帰宅したら不在通知が入っており、大慌てで運送業者の営業所に電話を入れ、閉店までには着けそうな事を確認して、お迎えにあがりました。〃´o`)=3 フゥ

時計を見たらドライバーに連絡が取れる時間は既に過ぎていたので、明日の朝一番に届けてもらうよう連絡を入れようかとも思ったのですが、暗い箱の中で一晩過ごさせるのは良くないし、何よりも怖かったのはこの暑さで水切れを起こしてしまう事でした。

空を飛んで行きたいくらい焦った気持ちでお迎えにあがり、帰宅後、娘とワクワクして箱を開けてみて、急に今までのワクワクした気持ちは綺麗に吹っ飛び、打ち消しても打ち消しても押し寄せる不安。
こんなに小さい苗で、本当に育ってくれるの?という不安を倍増させるように、同梱されてた栽培アドバイスには、培養土、肥料、堆肥に至るまで事細かに書かれており、指示通りに栽培しないと十分な結果が得られない、保障はしないと書かれていたのでした。

それから連日BBSで、アドバイスや励ましの言葉を頂き、徐々に前向きな気持ちに変わって来たので、ここに書き残す作業ができるようになりました。^^

購入先のアドバイスに逆らう、又は非難するつもりは毛頭ないのですが、まずは植え替え時の土は、京成バラ園の土を使用。
10号鉢に植えつけても良いと書かれてましたが、5号素焼き鉢にしました。
マルチはカニガラと藁。
レトランジェと同じにしようかと思ったのですが、バーク堆肥は絶対に使ってはいけないと書かれてたので、ここはアドバイス通りにしました。
肥料は植え付け後10日目からと書かれてたので、これも従う事にします。
て言うか、こんなに暑い時期に、肥料は控えた方が良さそうです。
さて、問題は日当たり具合ですが、一般的には植え付け後1週間くらいは半日陰で管理するようですが、ここのアドバイスは直ぐに直射日光に当てるようにとなっていたので、これも従う事にしました。

WEBサイトには、今植え付けたら今秋にはお花が見られると書かれてましたが(これを結構鵜呑みにしてしまった私)、この状態では枯らさないように管理するだけで精一杯で、とてもお花に会える気配ではありません。
何時になったら会えるか分かりませんが、とりあえず、頑張ってみようと思います。
DSC00765.jpg

8月13日現在の様子。樹高20センチです。
地上部の状態は茎も細いし、葉っぱも痛んでる(梱包時の傷みかな)し、黄色いし、新しく出てる葉っぱも所々カットされてて、まともな形の葉っぱが少ないです。(泣)
が、植え付け時にビニールポットから抜いて見た根っこは、結構密集してたので、大丈夫かな!?とちょっと期待が持てました。

_____________________________________________________________

テーマ:バラが好き。。。 - ジャンル:趣味・実用 - カテゴリー:シャリファ・アスマ

12 : 06 : 40 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
初心者のバラ選び
2005 / 08 / 14 ( Sun )
バラの育成方法をネットで検索してる時、一番初めに私の心を捉えて放さなかったのが、グレイパールと言う品種。
微妙な色合いに、完全にノックアウトされてしまい、どうしたら入手できるのか、調べに調べました。σ(^^;
色んなローザリアンさんのサイトを渡り歩いて、情報をかき集めてる間に、入手先は直ぐに判明したものの、色について書かれてる事は多くても、香りについて書いておられるサイトが少ない。
数少ない香りの情報についても、香ると書かれてたり、香りは無いと書かれてたりで、どれが本当なのか分からず、益々ミステリアスなこのバラの虜になっていってしまいました。

丁度その頃購入した「素敵なローズガーデン」という本に、グレイパールの事が書かれていて、その本にはハッキリと「初心者向きではありません」と書いてありました。
あちこちで見かける情報にも、その様な事が書かれてたので、これはもはや決定的な言葉になってしまい、今からバラ栽培を始めようとする私には無理なバラなのだと自分に言い聞かせ、似たような花色で他に無いかと探す内に見つけたのが、レトランジェさんだったのです。

このバラ、ミニではあるけど、香りがあるという事なので、花色の微妙さと言い、香りがあるとハッキリ分かってる事もあり、即入手可能なショップを検索して、注文となりました。(*^^)v
ミニとは言え、結構なお値段で、送料やら諸経費を支払うと、そこそこの出費にはなったのですが、失敗しても大きなバラほどのダメージは受けないだろうと、ミニである事が返って良いかなぁ?と思いました。σ(^^;

が、グレイパールの好きなお方は、大抵このミニバラもお持ちで、その中のお一人、ともっちさんにお話を伺う事が出来た時、グレイパールのような微妙な色合いの品種は、育てるのが難しいと言う事が判明しました。(泣)
この辺りの判断が、超初心者ならではのお花選びの失敗ですねぇ。

幸い、ドイトさんから購入した苗は、シッカリしてる苗のようなので、超初心者の私でも育ってくれてはいるのですが、摘蕾を続けてる現段階において、非常に辛いものがあります。
と言うのは、初心者ならではの苦悩なんでしょうが、早くお花が見たくなるのに、それをあえて摘まねばならぬ苦しみを味わってる訳です。

植え替え後の処置は、京都という猛暑と西向きベランダという事を考慮して、ニューローズさんから購入したカニガラとバーク堆肥でマルチしました。
肥料は、バイオゴールド、セレクションバラにしました。

最近感じているのは、このバラ、根っこが香るのではないかと言う事。
いや、ハッキリした事は分かりませんし、超初心者の戯言として読み流して欲しいのですが、水遣りをした後、とても良い香りがするのです。
このバラが来た時から感じてたのですが、他の花が香ってるのか?と思ったけどそうではないし、葉っぱや茎が香ってるのか?と、鼻を近付けクンクンしたけど、香りは感じられませんでした。
なので、気のせいかな?とずっと思ってたのですが、気のせいではないいし、水遣り後に感じるという事は、根っこが香ってるとしか思えなくなって来たのです。σ(^^;
retoranje6-14.jpg

これは購入後直ぐ位の画像。
ケータイの画像なので、写りが悪くて申し訳ありません。この頃はまさかブログを始めるとは夢にも思ってなかったので。(^^ゞ
retoranje8-13.jpg

これは最近の画像です。
ベーサルシュートは出ませんでしたが、サイドシュートがどんどん出てきてます。

_____________________________________________________________

10 : 30 : 44 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
手の平サイズのミニバラその後
2005 / 08 / 09 ( Tue )
我が家には、カテゴリーの「はじめに」に書いた、西向きベランダの他に、玄関横にもガーデニングスペースが有ります。
そこは、東向きなので、植物にとっては好都合の場所の筈なのですが、集合住宅の通路になっており、軒下から奥まった所に位置している為、日照時間が短いのが玉に瑕。
つまり、園芸の常識では、ここは日陰に相当する場所です。

そんな事とも露知らず、ここへ手の平サイズのミニバラ達を置いてしまいました。(滝汗)
と言うのも、ここへ去年から置いているサフィニアは、殆ど手入れもしていないのに調子良く咲いてくれてるし、ラベルには日当たりの良い場所に置くと書いてあったので、この花が咲くという事は、光量が足りていると勝手に判断した為です。
が、最近図書館で借りてきた園芸の本には、サフィニアと言う植物は、電気の光にも反応して、半日陰でも咲いてくれるという事を知り愕然としました。σ(^^;
そう言えば、この場所、夜は玄関の常夜灯の明かりが差す場所なんですよねぇ。

という事で、当然この場所に置かれたミニバラ達にとっては、好ましくない環境だったようで、まず始めにピサがウドンコまみれになりました。(泣)
ここへ置く前に、一鉢に3株が入ってた状態のまま、4号鉢にそのまま鉢増ししました。
用土も、普通の草花用のブレンド土。
肥料も何を施せばよいか分からず、とりあえずHCで良かれと思った、「バラのぼかし肥料」なる物を施肥。

同じように購入したアンティベスは元気にしてたので、ピサのウドンコは株自体の弱さかなぁと楽観してました。(汗)
というのもこのピサ、実は二鉢目の物でして、一番最初に購入したピサは、購入後直ぐにお亡くなりになったからです。(涙)
辛うじて生き残った1株も、新芽の展開もなく、長い間沈黙を守ってたので、そろそろ処分を考えた方がいいかな?なんて考えてる私の心中を察したように、急に新芽を展開させてくれました。(*^^)v

それは、立ち枯れてるのか?と不安になりながらも、玄関横からベランダに移動させてからの事なので、やはりここでは光量が不足してると思わざるを得ませんでした。

そこに至るまでに、咲くには咲いてくれたけど、変に徒長してるアンティベスを見た時にも、光量不足がチラッと頭をかすめましたが、肥料が効き過ぎてるのかなぁ?と、下手に咲いてくれるので原因を特定できませんでした。(滝汗)

ウドンコまみれになってるピサの治療には、ミニバラ達を購入したついでに購入した、市販の病虫害薬をスプレーしてたのですが、一向に治療効果が得られず、naomiさんに教えて頂いた、黒砂糖を煮詰めた物を、お米のとぎ汁で薄めた物を散布して、治療しました。

この時点で咲いてくれたお花は、最初に咲いてたお花とは似ても似つかぬ、濃いお花で、花弁数も少なく、直ぐに開ききってしまったので、撮影する気にもなりませんでした。(汗)

そして極め付けに、今まで元気に過ごしてたアンティベスの葉っぱが、すすけて来てるようなので、葉裏をチェックしてハダニを駆除。
ハダニのせいにしてましたが、何やらさびのような粉が付着してるので、これはもしやさび病?と思い、遂にベランダにお引越し。
ハダニの被害も確かにあったのですが、ハダニが好まない新芽の葉っぱにも点々と細かな模様が出来てきたのです。(泣)

さび病と思われる治療には、酸性水もどきを散布。
一般的な治療方法には、さび病に冒されてる葉っぱ全てを取り去るようですが、この時期に丸裸にしてしまうのは、益々株を弱らせてしまうような気がして、とりあえずこれで暫く様子を見ようと思っています。

ピサのウドンコも、葉っぱを取り去ってはいません。

最初は手の平に治まるほどの樹高だったのですが、徐々に葉っぱも大きくなって来てるので、本来の姿になりつつあるようです。
って、どれ位の大きさになるのか、楽しみなような、怖いような。
育ち具合によっては、株分けをして育てるしかないので、鉢数が増えてもらっても困るしなぁ・・・トホホ

r-mini-y.jpg

これは植え替え後、我が家で咲いてくれた時の様子。
beranda8-3.jpg

これは現在のベランダでの様子。

_____________________________________________________________

12 : 07 : 57 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
大人の土遊び
2005 / 08 / 06 ( Sat )
まずは自己紹介。
続くかどうか不安になりながらも、ガーデニングを始めたななみと申します。
ガーデニングと呼べるほど大層なスペースもなく、集合住宅の3階、まともに西日の差し込む、奥行き80センチ横幅2メートル強のベランダで、バラを育成しようと考えています。
西向きと言うだけで、植物には条件が悪いのに、エアコンの室外機もあり、夏は過酷極まりない状態なので、果たして無事に育ってくれるのか気が気ではありません。

そんな状況で何故、ガーデニングを始めよう、しかも難しいとされるバラを育成しようと思ったかと申しますと、今年娘が年少さんから入園した幼稚園で、花祭りのお土産で頂いて来た「ミニひまわり」の種を蒔いた事がきっかけです。

私は幼少の頃、犬猫が糞尿をする砂場で、泥んこ遊びも平気でやってたのに、大人になるにつれ、土を触る事は汚い事のようになってましたので、ガーデニングをするなどとは、これまで考えもしなかったように思います。

とは言え、幼少の頃に祖母が猫の額ほどの庭で、植物を植えていた影響もあり、植物が何もないのは寂しい人なので、放っておいても育ってくれる「サフィニア」や、10数年くらい前に一時ハマった観葉植物のなごりで残ってる「ポトス」は我が家にありました。

前置きが長くなりましたが、娘が頂いて来たミニひまわりの発芽率がこれほど良いとは思いもせず、全て発芽したのをきっかけに、慌てて土とプランターを買いに走り、ミニひまわりを育ててる間に、植物を育てるって楽しい!土いじりをするのは楽しい!!と感じましたが、この時はまだ幼少の頃の楽しい土遊びを思い出しただけでした。
それが何故バラにハマる事になったかと申しますと、ミニひまわりの用土を買いにHCに行った時、娘がどうしても欲しいと駄々をこねた、手の平サイズのミニバラを購入したからです。

園芸の事に無知な私でも、バラと言えば病害虫が多く、育て難い植物という事くらいは知ってたので、欲しがる娘を宥めるのにかなりの時間を費やすほど躊躇しました。
が、娘の粘りに負けてしまいとうとうお買い上げとなり、折角購入したのに枯らしてしまうのは可哀想に思い、ネットで育て方を調べてる間に、すっかりバラの魅力にとり憑かれてしまい、どうしても育ててみたい品種と出会い、更に調べて行く内に、無農薬で育ててらっしゃる方々のサイトにも出会い、私にも育てられるかも?とちょっとした勘違いが芽生えてしまいました。(汗)

今まで気にも留めなかった土の事、知れば知るほど奥が深いのですが、素人にも出来る範囲で実行していければいいなぁ・・・と思っています。
何はともあれ、大人の土遊びはお金も労力もかかるので、枯らさないで育てていく事を目標に頑張りたいと思います。m(__)m
rose5-26.jpg

最初に購入した、J&Hさんの手の平サイズのミニバラ
ピサとアンティベスです。

_____________________________________________________________

09 : 57 : 37 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
Related Posts Plugin for WordPress, 
Blorrer...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。