全件表示TopRSSAdmin
information
    刀剣乱舞、三条派のレイヤーさんで、個人撮影及び2~3名で撮影を希望される方を募集しております。
    撮影場所は京都市内限定。ブログ及びTwitterで写真を公開しても良い方に限りまが、ご連絡お待ちしております。
    宜しくお願い致します。


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
Loneliness
2015 / 05 / 04 ( Mon )
GW休みに突入して3日目。少し肌寒い曇り空。
今日が何曜日なのか、布団の中で曜日がグルグル回る。

何やら漂流記のような書き出しですが、正しく刻の中を漂流してるような感覚です。
2日ほど前は突如真夏日が訪れ、慌ただしく夏服を着始めたら、昨日からは肌寒く感じる気温。
目まぐるしく季節を行ったり来たり。

休み前は、普段できない事をやってしまおうと、あれこれ目標を立てるのですが、いざ休みに突入してしまうとダラダラと過ごしてしまう。

否、これも普段できない事を実行できてるので、良しとしておこう。(笑)


写真は先日撮影をした場所でのスナップ。
本日のタイトルにも通じるところがあるかなと思い、チョイスしてみました。

長雨ですくすく成長した雑草に覆い隠されてしまいそうなベンチ。

実は雑草に隠れている部分に、もう一つ赤いベンチがあり、釣り人がうたた寝をしておられました。

人が傍に居るのに、孤独を感じてしまう。
陳腐だけれど、人が居るからこそ孤独感が増す。
ベンチというモチーフも、人の気配を感じさせるには、うってつけのモチーフだから重宝されるのかも。

それはさて置き、孤独というと何故か罪悪感のような、後ろめたい気持ちを感じてしまう。
少子高齢化による、老人の孤独死を連想してしまうからかも知れない。
海外でも日本の孤独死や、孤独死による遺品整理業が取り上げられてる。
そんな折、
『日本だとどうしても「おひとりさま」に抵抗がある、という人が多いと思う。長らく稲作をし村社会を形成してきた我々の先祖は、「ひとり」という状態が危険、良く無い事だとDNAに刻んで来た。確かに、村やチームで行う稲作のような事は、そのチームから外れる事、いわゆる村八分にあう事は死を意味する。』
孤独hack 『孤独に悩む人は”solitudeとloneliness”の違いを認識すべき』から抜粋。
という記事を目にして、妙な罪悪感を感じる理由が解ってスッキリしました。 (。+・`ω・´)キリッ

そして、こう結論付けされている。
『しかし、現代はもはやそのような古い概念にとらわれるような業務形態ではないし、むしろ成長を阻害する因子である。それに気付き、いち早く対応しようとしているのが、若い世代である。最近は飲食店でも”しきり”がある店もある。居酒屋でも”完全個室”が人気だ。今の20〜30代は、そういった意味の無いチームワークを捨てた世代でもあると思う。これが浸透し、「solitudeである事が普通」な世界になってくれれば、おそらくそこは生きやすい世界じゃないか、とも思っている。』
と。
成程なぁと納得しきりです。σ( ̄▽ ̄;)

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記 - カテゴリー:LIFE

10 : 21 : 55 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
Related Posts Plugin for WordPress, 
Blorrer...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。